●珍しい産卵と孵化(ふか)●

キウイは年間2、3個の卵を産む。メスは産卵を終えると巣穴からでていってしまいます。そこで卵を守るのはオスで、孵化(ふか)までなんと2ヶ月半も温め続けます。それは、卵が巨大で、キウイの体温が38度と普通の鳥類よりも2度低いため、孵化までに長い時間を要するのです。

メスは1回目の産卵からほぼ1ヶ月半後、再び産卵をする。また、あまり知られていないことだが3度目の産卵をすこともある。このキウイのカップルは生涯を共にし、30年も暮らした例もあるという。

出典★ほとんど知られていない珍鳥「キウイ」の面白い生態!! : 知識の泉 Haru’s トリビア

前へ 次へ