1. まとめトップ

【わけがわからないよ】最高裁判所裁判官国民審査が意味不明な件

衆議院総選挙と同時に行われた最高裁判所裁判官国民審査。これが「意味不明」と感じている人が多いようです。

更新日: 2012年12月18日

5 お気に入り 26425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mzswtkcさん

毎度お決まりのこの結果・・・

最高裁判所裁判官国民審査が意味不明という人が続出

最高裁の国民審査に記入して投票する人なんていんのかよ

そもそも最高裁国民審査の存在理由が解らない。最高裁判事を内閣が指名し、下級裁判所の判事の人事権を最高裁が握るという現行制度。過去の判決例で国民寄りな結論が出たのは公害訴訟くらい。本当に民意を取り入れた司法を実現する事は不可能な現状なのに、何故メディアの俎上に上らないか理解出来ない

投票行ってきたよー。毎度のことながら最高裁裁判官の国民審査の意味不明さね。

国民が、最高裁内で意見の分かれた判決を見るだけでも国民審査が変わってくると思う。裁判官についてほとんど報道されないのも悪い。現状は"国民が審査したことにしている状況"に過ぎない。実質的に機能してない審査に毎回6億円かけるのは無駄。

今日は選挙だけでなく最高裁国民審査もあるけど、過去に罷免されたのが一人もいないどころか最高でも15%しか不信任がないという、どう見ても欠陥制度なんだけど、制度自体への抗議の意味で全員に☓をつけるのも馬鹿でしょうかね? こんな意味の無い制度で悩む時間も惜しいのですが

選挙行った。毎回思う事…最高裁国民審査。よく分からん(苦笑)当然これにも税金は投入されてる訳だろう…

そもそも存在を知らなかった人たち

投票完了!最高裁の国民審査まであるとは知らなかった!

今日の選挙って、最高裁裁判官の国民審査もあるのね・・・全然知らなかった

選挙いってきたおっおー最高裁の国民審査もあるって知らんかったー!ちょっと調べたかったなー

投票終わった(^q^) 最高裁の裁判官の国民審査も一緒にあるて知らんかったわ

最高裁判所裁判官国民審査ってなんなの?

最高裁判所裁判官を罷免するかどうかを国民が審査する制度

日本国憲法第79条第2項及び第3項と最高裁判所裁判官国民審査法に基づいている制度である。最高裁の裁判官は、任命後初の衆議院議員総選挙の投票日に国民審査を受け、その後は審査から10年を経過した後に行われる衆議院総選挙時に再審査を受け、その後も同様とすると定められている。

投票者の過半数が×印をつけ罷免を可とした裁判官が罷免される

投票者は罷免すべきだと思う裁判官の氏名の上に×印を書き入れ、それ以外には何も記載してはならない。何も記載しない票は全て“信任票”として扱われる。×印以外の記号を投票用紙に書いた場合は、その投票用紙は無効となる。

現在までに国民審査によって罷免された裁判官はいない

国民審査制度は儀式化・形骸化したとする見方もあるが、それでも国民審査は「伝家の宝刀」であり、存在することによって裁判官の規律を正し行動に影響を与えるため意義があるとする見方もある。

真剣に捉える人だってたくさんいます

最高裁の国民審査、ちゃんと分析してる人結構いるのな。情弱で本当にごめん。

投票行く前の最高裁裁判官国民審査の最終チェックおわた~。×を付けたい人も当然いたけど、是非続けてほしい、って人もいるんだね。○付けたら無効票になるからやらないけど。

今まではあまり考えてなかった最高裁国民審査もしっかり考えて、裁判官に×付けようとおもう。ここのところ、最高裁判決も?が付くものがある。

今日は総選挙&国民審査。マスコミはどうしても総選挙に偏るけど、国民審査も大事なことなんよね。最高裁にまで挙げられる事件においても、各裁判官で下す判決は異なる。自分の思いを少しでも形にするためにも、しっかり考えなければ。と、重大事件の多い今日の社会と照らし合わせて見てみる。

衆院選よりも生活に直結するのは最高裁判官国民審査だ。まず以って、何の知識もないまま行っても分からない。そして分からないからと言って、ただの白票(それが悪いとは言わない)を投じるというのは全ての最高裁判官を『信任』しているという意味になる。必ず知識を入れてから投票してほしい。

衆院選も大事ですけど、最高裁裁判官の国民審査も大事ですよっと。

1 2 3