1. まとめトップ

1分でわかる!正社員とフリーターの大きな違い

正社員とフリーターの違いをざっくりまとめてました。

更新日: 2012年12月20日

89 お気に入り 280831 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

JU_MON0507さん

正社員とフリーターの違い

正社員:会社等の企業に正規の雇用で雇われた労働者のことを言います。ほとんどの場合、企業に直接雇われている労働者。

フリーター:「15~34歳の男性又は未婚の女性(学生を除く)で、パート・アルバイトして働く者又はこれを希望する者」

①生涯賃金

正社員:   2~3億円

フリーター: 5~8千万円

見ればわかる圧倒的な差

20代ではほとんど差はなく、慣れてきた頃の40代で半分も違うことがわかる。

②社会的地位

正社員:各種社会保険に加入するため信用があるためローンが組みやすい。

フリーター:社会保険に入っていないため社会的信用が低いためローンが組みにくい。

会社員は50%が社会保険に加入しているのに対してフリーターは25%しか加入していない現状。

③転職

正社員:今まで正社員として働いてきたため採用されやすい。

フリーター:フリーター期間が長ければ長いほど正社員になりづらくなる。

④雇用の保証

正社員:一方的に会社から解雇されることはない(法律で守られる)

フリーター:契約期間が満了すれば解雇される。辞めやすいかわりにクビにもなりやすい。失業し      ても手立てなし

⑤教育訓練

正社員:基本的マナー、考え方の教育等新人教育に力をいれる。将来に期待している。

フリーター:将来の期待が薄いためほとんど教育に力をいれない。

すべてにおいて正社員に力をいれていることがわかります。

⑥結婚

正社員:結婚してもそれなり家族を養っていける財力がある。

フリーター:結婚してもそのあと養っていけるかが不安、厳しい。

お金に関してはシビアになる。

⑦責任

正社員:仕事ができればそれなりに責任が重くなりやりがいもある。人間的にも成長できる。

フリーター:責任のある仕事は任されない。それが楽で良いと感じるかはその人次第。

⑧昇格

正社員:頑張れば昇格はある。給料も上がる。

フリーター:なかなか給料は上がらない。上がっても限界がある。

⑨将来の展望

正社員:突然クビになることはないのでおびえながら仕事をしなくてもよい。

フリーター:いつ仕事がなくなるかわからない不安が常にある。年を取るほどできる仕事も減って      いくので次の仕事を探すことが大変。

1 2