1. まとめトップ

選挙がなんか変?不正選挙?無効票の不自然さに困惑する人々

今回の選挙が戦後最低の投票率だったのに選挙区最高の無効票だった件について、非常に違和感・疑問のある点と、それに困惑する人々の反応をまとめました。

更新日: 2012年12月22日

nobunakaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 28314 view
お気に入り追加

16日に行われた第46回衆院選選挙、開票後すぐ投票率が話題になった。

衆院選投票率59・32%、戦後最低

自公で325議席を獲得するに至った衆院選だが、その投票率の低さが大きな話題となった。原因は解散が級だったことや、新党が乱立したこと、12月の師走選挙だったことや、天候、管理の手際の悪さなど、さまざまなことが憶測として挙げられた。

約204万票の無効票

投票率最低なのに…選挙区の無効票「過去最高」

出典朝日新聞デジタル

朝日新聞の集計で、16日に投開票された衆院選の小選挙区で、白票や候補者以外の名前が書かれた「無効票」が約204万票にまで上り、過去最高になったことが分かった。

衆院選 無効投票率前回の倍に

出典読売新聞

都全体の無効投票率は4・20%。前回2009年の2・23%と比べると1・97ポイント増えて、投票された票全体に占める無効票の率が約2倍になったことがわかった。

投票率が最低なら、比例して無効票も減るのが自然なはず。にもかかわらず無効票は過去最高数になった。

予想される要因と、不自然さに同様を隠せない人たち

トリプル選で無効1万4千票 多くが用紙間違いか 京都

衆院選、市長選、市議補選のトリプル選があった宇治市で、1万4千票もの無効票がでたというニュース。箱の間違いがあったのではないかと言われているが。

15日付けのNHK(ウェブ版)は、全国49,000ヶ所の投票所のうち、30%にあたる16,000ヶ所で投票終了時間が繰り上げられる、と伝えた。

特に、東北の投票所での繰り上げが目立ち、福島は”全”投票所(1312カ所)で最大3時間の繰り上げがあった。

長野県南牧村の投票所で、投票用紙記入台に掲示した比例代表の表に「日本未来の党」が記載されないミスがあった

テレ朝で、開票が始まった午後8時過ぎには480議席のうち341議席の当確を伝えた。

出典テレビウォッチ編集部

今回の衆院選の無効票は200万票以上だって。このうち半数強は有権者が自らの意志で何も書かなかった「白票」だから別にいいんだけど、残りの半数弱は「衆院選と知事選や補欠選などの候補者名を間違えて投票用紙に書いてしまった記入ミスによる無効票」なんだって。なんだかな~

日曜日、選挙の開票のお手伝いをした。無効票を確認していたら、点字用の投票用紙に「うつのみや健児」と、たどたどしい字で書いてあった。でも、点字用紙に普通の字なので無効票。きっといっぱい練習したんだろう。その字が発するエネルギーがすげぇキレイで、朝4時だったけど、元気が出た。

なんか投票箱の問題、すごいことになってきてないか? 書き損じたら無効票扱いだけど、いくら色が違うと言っても違う目的の投票用紙を同じ箱にいれる、というのは全国的に見てどうなのだ?だいたい比例区と小選挙区が同じならわかるけど、国民投票が同じ箱というのはどう見ても意味が違うんじゃ…

都知事選の投票数は6,647,744票
東京都の衆院選の投票数は5,256,655票

出典総務省HP投票者数

都知事選投票数より東京の衆院選投票数が140万票少ない。約5人にひとりが、都知事選には票を入れたのに衆院選には入れなかったことになる。おかしい。

宮城2区の未来の党小選挙区候補に投票した数より比例区の未来の党の票が14000近く少ない。

これは一例で、同じように小選挙区と比例区の差が大きく開く地区が多く、不思議に思われている。ただこれは、新党乱立や、記入ミスで無効票になった票が多かったのではという見方が大きい。

不正があったと確信する人も

不正選挙の指摘がやまない。それも体験談や目撃談が出ている。わたしも、投票にはいつも決まった時間に行くのだが、例年になく参加者が多く、列が出来ていたのを目撃している。全国から同様の報告がある。民主党代表選の不正といい、検察の不正といい、もうこの国は終わっているのかもしれない。

本日のお笑い報道「選挙区の無効票、過去最高」、これが不正のあった証拠に思える。白票を投じるためにわざわざ投票所に足を運ぶ人が204万人もいると思うのか?普通の国なら大問題で、少なくとも選管の調査が入るはずだ。こんな投票結果を認めるな。今回の選挙は明らかにおかしい

神奈川9区での報告(比例)では500の束の検査で全く同じ筆跡のものが大量に出て来たと。驚いて声を上げたら、「黙れ!」という雰囲気

引用元は選管の実態がわかるので、目を通してみることを強くおすすめします。出典をクリックで引用元に飛べます。

時事通信に不正アクセス、衆院選用リハ内容流出

時事通信社が衆院選に向けて作ったリハーサル用のテストページがネット上で流出。実在の候補者名や仮の得票数が記載されていて、結果が似ていることから事前に決まっていたのではないかという、まことしやかな憶測まで流れた。

一方で冷静な意見も

1 2





ネットを楽しみながら、これは皆様にも役立つのでは?と思うようなモノをまとめております。初心者にも優しくを心がけております。
http://goo.gl/pZqa4
お気に入りに喜び一礼します。