1. まとめトップ

小泉進次郎の大物ぶりをまとめたらガチで嫁にいきたくなった

衆院選挙で圧倒的大差で勝利をつかみ取った小泉進次郎議員。そのカリスマ性と大物っぷりにはもはや賞賛の声しか聞こえない。これまでの形跡を追いかけてみた。その結論として嫁にもらってもらいたいという答えが生み出された(号泣)

更新日: 2013年01月12日

491 お気に入り 3294803 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼1981年4月14日 小泉進次郎誕生〜強者伝説のはじまり〜

▼2012年12月17日衆議院総選挙で輝けぶっちぎり状態だった進次郎

小泉進次郎氏から溢れ出すカリスマオーラがやばすぎる

そんなわけでこれまでの進次郎の経歴をまとめてみた。

▼進次郎プロフィール

▼進次郎経歴(前編)

1981年4月…神奈川県横須賀市生まれ。幼少期に父・小泉純一郎が離婚して、小泉家の親族に育てられる
1983年4月…関東学院六浦小学校入学、以来中学・高校・大学と関東学院で過ごす
2004年3月…関東学院大学経済学部卒業
2006年5月…米国コロンビア大学大学院政治学部修士号取得
2006年6月…米国戦略国際問題研究所(CSIS)研究員
2007年9月…衆議院議員小泉純一郎秘書・自由民主党衆議院神奈川県第11選挙区支部長
2009年9月…衆議院議員

▼2009年、小泉純一郎氏の後継者として指名され、鳴り物入りで出馬した進次郎

小泉元首相
「首相を辞任した直後に国会議員も辞めたかったんです。それを早くから口に出すと政治的影響力に陰りが出るから結構つらかったですよ。本心を隠してまだやる気を見せるのは。今は率直に言って、感謝の気持ちとホッとした気持ち、両方です」

▼出て来た当初はメディアも世論も冷ややかな反応だった進次郎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10





このまとめへのコメント1

  • hayato1988さん|2013.07.31

    >池上彰が小泉進次郎の「あざとさ」を解説
    >「半袖じゃなく長袖をたくし上げている所がポイントなんですよね」

    これは、ルックスなどのコンサルタントに付いてもらっていて
    かっこよく見えるように演出しているのでしょう。

    顔だけで判断する 「程度の低い女の支持が目当て」ですからね。
    本人も 「人気だけで」出世する気マンマンなんでしょう
    兄よりも 「俳優として」の能力は高そうですね

    父・小泉純一郎の「改革w」で格差はさらに広がり、
    程度の低い人たちほど生活が苦しくなっていっているのにね。

    小泉進次郎の支持者のほとんどは格差に苦しむ側なのに
    どこまで頭が悪いのでしょうか?

    もちろん、恵まれてきたお坊ちゃまも、同様の「金持ち優遇改革w」路線でしょうw

    自分の首を絞めていることに気づけないほど愚かな人たちですね。

    結局、国民の多くが程度が低いから政治が良くならないということが
    よくわかります

    「政治家のレベルは国民のレベルと比例する」

    いつまでたっても、「小学生が学級委員を選ぶとき」のままの
    頭の程度なのでしょう
    顔はシワだらけの頭は小学生w

    小泉進次郎の信者=シワのある小学生

    存在すら恥

1