1. まとめトップ

【耳新しい】独自のサウンドが注目を集め始めているバンド【RORO】

時におちゃめで時に渋い、聴けばROROだと分かるサウンド。特殊な編成とポップな曲で、今少しずつ注目を集めているバンドROROを紹介。

更新日: 2015年07月05日

roroemonsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
23 お気に入り 19356 view
お気に入り追加

【バンドだけど新しいタイプ】

作詞作曲家ごとう魔太郎のもとに5人の音楽家が集まり結成された6人編成オーケストラ。
トロンボーンやツインパーカッションを含む特殊な編成を活かした耳新しい独自のサウンドが注目を集めつつある。東京を中心に活動中。

【楽団の特徴】

バンドの定番である
エレキギターやドラムを使わない珍しい編成。
楽曲は聴きやすいポップスからインスト曲まで幅広く
まるでおもちゃ箱から飛び出してくるかの様なサウンドを全身で体感できる。
”聴く人に驚きを与えるアレンジ”を目指し
記憶に残る未体験サウンドを作り出す耳新しい楽団なのである。

通常ブラスセクションとして組み込まれる
トロンボーンだが、1本のトロンボーンでバンドサウンドを成り立たせているのが大きな特徴のひとつ。
ソロ楽器としてだけではなく伴奏楽器としての役割も意識した使い方をしている。

トロンボーンの新たな持ち味を知る事ができる。

ドラムレスであるROROのリズムは
男女のパーカッショニストがそれぞれの感性で
創造する。
土台となるまつげ、表情豊かに彩るロロノマチミホ、それぞれが自在に生み出すリズムの融合で
”楽曲が求める音”を的確に表現している。

演奏会では左右に別れた立ち位置から
フロアを包み込むようなサラウンドを作り出す。

【たのしい演奏会】

開演前SE(サウンドエフェクト)の為に書き下ろした『ろろの演奏会』ではじまる演奏会は
観客も楽団員も予想出来ないサプライズ(ハプニング?)の連続!
毎度おなじみグダグダMCで声を出して笑う人はいませんが「心で笑ってる」というなんとも甘酸っぱいお言葉を頂戴している。
涙なしとは言ってはいるが、過去に2人。涙した観客を確認している。(1人はまちやん)

昨日のROROが良過ぎてずっとおぞまCD聴いてるd( ̄  ̄) ポインセチアいい曲やった( ´ ▽ ` ) パーカッション2人に囲まれてるセッティングもかっこよかった! p.twipple.jp/LZhQD

ROROのライブ本当に楽しかった!!笑顔があふれるライブでした♡ p.twipple.jp/qMA5u

今日はROROのライブ楽しかったぁ♪見ても聴いても楽しいバンドって素晴らしい(*´∀`)

【どんな曲を演奏するの?】

RORO初のミュージックビデオ。
MVディレクターとして活躍する鈴木新吾監督による作品。

2015年5月にリリースしたニューアルバム『APOLLON』のダイジェスト版。

【楽曲紹介】「たいへんだー!妖怪がでたぞ」 ※記事後半に他の楽曲も掲載

人間に恋する妖怪を描いた 「狂った純愛」ストーリー
大サビの転調からエンディングへと力強く駆け抜ける!

2015年に発売したアルバム『APOLLON』ではさらなるアレンジが施され『ゆびきり』という新たなタイトルで収録されている。

【受賞歴 評価】

亀田誠治さんの評価

元東京事変メンバーで音楽プロデューサーの亀田誠治さんのHPで紹介された際の亀田さんからのコメント。

28年目を迎える国際的なクリエイティブイベント
TOKYO DESIGNERS WEEK2013
音楽部門を亀田誠治さんが担当。『RORO』の出演が決定!

☆YAMAHA主催のスタジオ一発録りLIVEオーディション『即レコ24』で【特別賞】を受賞☆

井上鑑ARRANGE ISLAND SHOW Vol.4@ヤマハ銀座スタジオ 出演

自らの多岐に亘るアーティスト活動に加え、寺尾聰、大瀧詠一、吉田兄弟、そして福山雅治などとのコラボレートでも知られる井上鑑が、ステージ上のバンド演奏を見て聴いて、その場でアドバイス&アレンジ。

音楽制作を体感できるワークショップ型ライブ・ショウ!

ゲストは三沢またろうさん!

武部聡志 InterFM「Music Master」Grab Your Dreamsでコメントを頂く

1 2 3 4





roroemonsさん