1. まとめトップ

【画像有りなので閲覧注意】意外と身近にいる魚類寄生虫

意外と身近にいる魚類寄生虫。スーパーで売ってる魚にも、実は、結構います。見つけたら、ラッキー?!

更新日: 2013年01月10日

18 お気に入り 491756 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

o_o.vさん

アニサキス

超有名どころ、サケ・イカ・タラでよくみられる「アニサキス」。魚の内臓だけではなく、身にも寄生するので、生食では注意が必要。加熱・冷凍により死滅する。
糸状で見つかることもあるが、のう胞(シスト)の中でとぐろを巻いている場合もある。
終宿主(最終的に宿りたい生物)がクジラやイルカなどの哺乳類であるため、人間を終宿主と思い、寄生することがある。その際、胃の壁を破ろうとするので、激痛を伴う。

サンマヒジキムシ

サンマのおなかに寄生している「サンマヒジキムシ」。店頭に並ぶときには、とられていることが多いので、あまり目にする機会はないが、おなかにプスプス穴の開いたサンマはよく見かける。

ラジノリンクス

サンマのおなかの中にいる、赤い線状の虫。サンマが食べたエサが残っているのかなぁと思いきや、、、 食しても、人体に害はない。

タイノエ

タイなどの口の中に寄生する甲殻類。釣った魚の口をあけると・・・こっちを向いていたりする。けっこう大きめの寄生虫。

カニビル

ズワイガニの背中などに付いている、あの黒いブツブツ。あれ、実はカニビルの卵です。
見た目は悪いですが、カニビルの卵が付いていれば付いているほど、脱皮から時間がたっており、おいしいカニだとか。そういう指標に、寄生虫が使われることもあるんですね。

1