1. まとめトップ

7つの大罪ーあなたは何が強い?

悪魔の影響を日々受けている私たち・・・さて、どんな欲や悪魔がいるの?

更新日: 2012年12月21日

367 お気に入り 975927 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mikinekoさん

七つの大罪(ななつのたいざい)とは・・・

キリスト教の用語。

出典ウィキペディア

傲慢 pride ごうまん

嫉妬 envy  しっと

憤怒 wrath ふんど

怠惰 sloth  たいだ

強欲 greed ごうよく

暴食 gluttony ぼうしょく

色欲  lust   しきよく

七つの大罪と悪魔

七つの大罪とそれに比肩する悪魔

出典ウィキペディア

ルシファーは元々全天使の長であったが、土から作られたアダムとイブに仕えよという命令に不満を感じて反発したのがきっかけで神と対立し、天を追放されて神の敵対者となったとされる。

被造物の中で最高の能力と地位と寵愛を神から受けていたために自分が神に成り代われると傲慢になり、神に反逆し、堕天したという説がよく挙げられる。この説は天使から悪魔に堕ちた経緯としてよく挙げられる説である。

最高の能力と地位と寵愛を神から受けていたために自分が神に成り代われると傲慢になり、神に反逆し、堕天したという説がよく挙げられる

地位や名誉が上がるにつれ人は傲慢になりやすい。可愛いとか美人とか他者に褒められすぎた人は「自分は他の人とは違う!」と勝手に勘違いして天狗になり傲慢になる。その時・・・この悪魔だけには気をつけろ。

海または水を司る者で外観も怪物とする。

その一方で、一般的に想起されるような悪魔の外観を持つ場合もある。元のレヴィアタンが何物の攻撃も通さない様に、悪魔としてのレヴィアタンは、どんな悪魔祓いも通用しないとされている。

レヴィアタンは大嘘つきで、人にとりつくこともでき、それを追い払うのは非常に難しいとされた。 特に女性にとりつこうとする。

女性が特に嫉妬しやすい生き物なのはこの悪魔の影響?愛する事も行き過ぎると嫉妬のような醜いものになるので注意が必要

あの人はいいなぁ、私より持っている、羨ましいなぁ、異性関係で他の人間に嫉妬する、世の中嫉妬の種類だけでたくさんある。特に女性に付きやすい生き物らしいー。

「敵」「反対する事」「神を訴える者」を意味する。

全人類の始祖がサタンの悪巧みと誘惑にそそのかされて罪を犯し、堕落したために、人間は生まれながらにして怒りの子、サタンの奴隷であると告白する。
罪を犯して堕落する前のサタンは御使いであったが、神に反逆して「敵対者」としての悪魔に変化したとみなされている。彼は多くの天使を率いる

十二枚の翼を持った美しい大天使長であったともいわれる。 しかしある時神に敵意を示し、自分に賛同する天使達を集めて、大天使ミカエルの率いる神の軍団との戦いを開始する。戦いは長く続くが最終的に敗北し、ルシファーと天使の三分の一は天から投げ落とされてしまう。

怒りっぽい人って多いですよね。怒りのマイナスな感情は悪魔界のトップであるサタンのしわざだって事・・・納得ですね。怒りの感情が湧いて出た時は自制心を心がけよう。

「怠惰」「好色」を司る悪魔とされる。
疫病をもたらして24000もの人々の命を奪ったという。

ベルフェゴールはまた人間界の結婚生活などをのぞき見る悪魔とされ、女性の心に性的で不道徳な心を芽生えさせる力を持ち、その為か、女性に対して非常な不信感を持っていたとされる。 中世ヨーロッパの伝説によれば、ある時魔界で「幸福な結婚というものは果たして存在するのか?」という議論が起こり、実際にそれを見てくるためにベルフェゴールは人間界へやってきたという。彼は様々な人間の結婚生活を観察したが、その結果幸福な結婚など無いと言う結論を出したとされる。

女性不信というベルフェゴールの性格より、ベルフェゴールと言う言葉は「人間(女性)嫌い」を示唆する言葉としても使用される。

「強欲」を司る悪魔。マンモン=富・財を意味する
金銀財宝に対して非常に貪欲で、人間を誘惑して自らと同じように強欲にするという。
人の金銭欲を満たし、その代償に命を奪うという。彼から受け取った金銀の類はしばらくすると馬糞や灰に化すという。マンモンはこれほどさもしい根性の持ち主も無かったとされ
都大路に敷き詰められた財宝、足下に踏みつけられた黄金を神に見える際に懇々と沸き出でるいかなる聖なる祝福よりも遥かに賛美」していたという。地獄に落ちてなお、そこに金鉱を発見し、万魔殿を飾るためにと他の堕天使を指揮している。金銀を母なる大地から抉り出す術を人間に教えた。

尋常じゃないくらい金やブランド物、身なりや振る舞いで欲々しい人間はマンモンに操られているのかもしれないー。

「ハエの王」と呼んで蔑んだ。(一説には「糞山の王」「糞の王)を意味する。

豊穣の神であった。しかし、イスラエルの地に入植してきた人たちは、こうした儀式を嫌って邪教神とし、やがてこの異教の最高神を「ハエの王」と呼んで蔑んだという。彼は大悪魔で魔神の君主、あるいは魔界の君主とされるようになった。 地獄においてサタンに次いで罪深く、強大なもの。権力と邪悪さでサタンに次ぐと言われ、実力ではサタンを凌ぐとも言われる魔王である。ベルゼブブは神託をもたらす悪魔と言われ、また、作物を荒らすハエの害から人間を救う力も持っている。この悪魔を怒らせると炎を吐き、狼のように吼えるとされる。

暴飲・暴食・酒乱など食する事に自制がない人間はこのベルゼブブの影響を少なからず受けているだろうー。

彼は元が激怒と情欲の魔神のためか、キリスト教の七つの大罪では色欲を司る。
悪魔になる前は智天使だったとされる。

昔々、アスモデウスはサラという美しい娘に取り憑き、サラが結婚するたびに初夜に夫を絞め殺した。そんなことが7度も起きたため、サラは悪魔憑きと呼ばれるようになった。

姿かたちは牛・人・羊の頭とガチョウの足、毒蛇の尻尾を持ち、手には軍旗と槍を持って地獄の竜に跨り、口から火を噴くという。 姿を見ても恐れずに敬意を払って丁寧に応対すれば非常に喜び、指輪やガチョウの肉をくれたり、幾何学や天文学などの秘術を教えてくれるという。

性癖が狂った人間や、たびたび浮気を繰り返したり、たくさんの異性に身体を求めたりしている人はこの悪魔の影響を受けているかの可能性が高い。

診断メーカ↓ 自分に憑いてる悪魔はこれだった・・・!

1