1. まとめトップ

金運アップにはNG! 本来その人が持つ金運を燃やし、出費が増えてしまいます。

風水では赤い財布というのは別名、「貧乏財布」と言われています。

赤は火に属するもの。 一瞬で自分の財を燃やしてしまうことに。

今の財を燃やすだけではなく、自分が持って生まれた財運までも燃やしてしまいます。

赤い財布だけは一瞬でも持たない方が良いです。

■オレンジ

金運アップにはNG! 本来その人が持つ金運を燃やし、出費が増えてしまいます。

■黒

今持っているお金を守る色。すでにビジネスで成功をして、ある程度貯金もあるという人向けです。

黒い財布というのは基本的に今あるお金を守る財布です。

黒色はもっともっと上を目指したいという人よりも、
今あるお金をきちんと貯めていきたい人に向いています。

すでにビジネスなどで成功している人には良い財布です。

黒・茶
金運が安定します。金色の金具がついているものが良いです。

黒も金運アップに良い色です。しかし、飛躍的にアップすることはないです。その分、激しいお金の出入りがなく、今の金運のままを維持してくれるそうです。今の金運のままで満足しているという人にはおすすめですが、これからアップさせなければならない人は黒を避けましょう。

■緑

色自体に金運アップの力はありません。ただし、出て行ったお金を呼び戻すという再生のパワーがあるといわれています。堅実に仕事をする方には良い効果をもたらすでしょう。

緑は悪いカラーではないけれど、一生懸命働かないとお金が入ってこない色です。

地味に働かない人のところには、お金が入ってきません。

■青、水色

青は節約の色。衝動買い・無駄遣いなどの出費を抑えてくれます。ただし、入ってくる金運を高める効果はないので、自力で稼ぐ努力が必要です。また、水色は水のごとくお金が流れやすいため、毎月なんとかやりくりしている人には不向きです。

青は流す色で、まさに入ってきたお金を流してしまいます。

パールブルーのような淡いカラーの財布は「増やす」という気を持っているので、
使い方次第では良い財布になるのですが、強い青色はお勧めできません。

特に、女性が持つと陰陽のバランスが崩れて金運を消耗することに。

青は「木」の気を鍛えてくれるため、
仕事運などには良いカラーですが、財布としては避けたほうがいい色です。

■濃紺

黒に近い濃紺は「貯める」という気は持っていますが、
自分で貯める意思がなければ貯まらない色です。

自分でしっかりと貯めようという気持ちが大切です。

■白の財布

お金を貯める力があり清浄作用があります。ただし、白は汚れやすい色なので、常に清潔に保つことが必要。そうすればお金を育ててくれます。

白の財布は買ってすぐには使用しないことです。
少しおいて、しばらく経過させるとお金が入ってくる色だそうです。

白い財布には清浄化作用と同時にお金を貯めこむカがあります。

また、リセット効果が高いため、今までの金運を変えたい、
新たな金運を得ていきたいと思う方にお勧めです。

入ってくるお金も大きくなりますが、使い方が悪かったり、
古くなり過ぎたりすると、お金が出ていきやすくなりますので、注意が必要です。

■灰色・グレーのお財布

1 2 3