出典 sima-niger.net

この生物によって家畜の血が吸われたという報告が相次ぎ、スペイン語で「吸う」という意味の「チュパ」と、「ヤギ」という意味の「カブラ」から、「チュパカブラ(ヤギの血を吸う者)」と呼ばれるようになった。
1995年2月頃に初めてプエルトリコでその姿が目撃され、チリやメキシコ、アルゼンチンなどの南米各地、さらにはアメリカにまでその目撃例がある。その被害は家畜に留まらず、人間も襲われている。

この情報が含まれているまとめはこちら

謎のUMA未確認生物とUFOの画像

甲府UFO事件/オオカミ男/ゴートマン/モスマン/人魚伝説/ビッグフット/半人半牛の件/ガーゴイル/チュパカブラ/ネッシー/ボウネッシー/ジェヴォーダンの獣/ツチノコ/河童/妖精/黒騎士の衛星/ Hodagホダッグ/カーディフの巨人/フライング・ヒューマノイド

このまとめを見る