1. まとめトップ
  2. ガールズ

お呼ばれした日は "キラキラちょい足し" メイクで決まり

クリスマスや忘年会に新年会。パーティや集まりの多くなる季節です。せっかくのパーティ、いつものメイクにキラキラちょい足しで、まわりに差をつけましょう!

更新日: 2012年12月27日

266 お気に入り 75441 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

girlilyさん

いつもと違うメイクで差をつける

せっかくのクリスマス、いつもと違うメイクで周りと差をつけましょう!
キラキラメイクで注目度アップ間違いなし。

キラキラちょい足しメイク

いつもの メイク にひと手間加えるだけで、華やかな パーティ ーメイクにバージョンアップ!

あまりギラギラさせすぎると「化粧が濃い」印象になってしまうので、いつもと同じメイクにキラキラをプラスする、ちょい足しメイクがおすすめ。

ハイライトで作るツヤ肌

パウダータイプはパール入り下地と比べて、よりはっきりとしたツヤが出せるので、パーティや夜のおでかけメイクにも活躍します。

アイシャドウ

ライトの下でキラキラと輝く瞳を作ります。ラメ入りのパウダーアイシャドーをまぶたの中央に指でオン。

あまりたくさんつけすぎるとギラギラになってしまうので、量を調節しながら、少しずつつけていきましょう。

暗い所でメイクをすると、気付かないうちにキラキラさせすぎていた!なんてことになりかねません。明るい所で、少しずつラメをのせていきましょう。
キラキラの目元はそれだけで一気に華やかな印象になります。

ラメ入りマスカラ

たっぷりラメが入っているので動くたびに輝いて、インパクト効果も期待大。

ラメマスカラの場合は、まつ毛の毛先中心に付けるようにしましょう。

ラメ入りのマスカラは、根元につけるとぼやけた印象になってしまうので、毛先につけていきましょう。ラメの形状や大きさによっても見え方が異なるので、事前に試し塗りをしてから本番に挑むといいかも。

目元・口元に同じラメを

細かいラメが入ったアイシャドウを、下まぶたの目頭から目尻まで、5mmくらいの太さで入れていきましょう。

同じラメシャドウを、上唇の山の部分にものせます。山になった唇のフチを軽くなぞればOK。

表情が変わる度に光を放つラメ。キラキラ華やかな印象になります。

パール入りのチーク

毛穴を目立たせないように繊細なパールが入ったものをチョイスして。黒目の外側からスタートして、頬骨の上から下へぼかしていく。

リップメイク

パールやラメの入ったグロスを加えるだけで、華やかさはグッと増します。その際、目元のメイクは控えめにします。

デコルテ

1 2