1. まとめトップ
  2. カラダ

寝過ぎてしまうと…

動脈硬化につながる高脂血症、高血糖、肥満などの生活習慣病になりやすい

体内時計が乱れると、抗酸化作用のあるホルモン“メラトニン”の分泌が乱れ、細胞にダメージを与える活性酸素を除去する作用がおろそかになります。

理想的な睡眠とは?

必要十分な睡眠時間を知るには、寝つきと目覚めが良く、起きてからも活動的に過ごせた日の睡眠時間を、何回か記録してみることが有効。

寝過ぎないために

意図的に早起きして夜になったら自然に眠くなる“早起き早寝”を実践

睡眠中は浅い睡眠と深い睡眠が交互に訪れているので、浅い睡眠のタイミングを見計らって起きるようにすると、目覚めがよくなります。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ピュンマさん



  • 話題の動画をまとめよう