1. まとめトップ

パチスロで50万円以上勝っている俺がコツを教える

なぜパチンコ・パチスロで勝てないのか?必勝法ではなく、誰にでもできるコツを伝授する。自分で掴め!(お気に入り登録をおすすめします。)

更新日: 2012年12月22日

41 お気に入り 146648 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shun.skyさん

①パチンコはしない

パチンコは完全に運。
パチンコは完全に店側が操作できるし(島ごとに%で操作可能とされている)、また、最近のパチンコは規制により勝つことが難しくなっている。
大勝できる確率がパチスロより低い。
*ただし、明らかに角台が出る店の場合は、その限りではない。

②マイホールを決める

パチスロに力を入れている店、よく出ている店を選ぶ。
マイホールを決めたら、そのホールの傾向をつかむ。多くの店ではパターンがある。

例えば、
・新台初日
・角台
・新台の隣や後ろの台
・前日一番出た台の隣や後ろの台
など。

ホールごとに異なりますので、一番わかりやすいマイホールをもつことが重要です。

③毎週、土日の朝一に行く

朝一台がダメだった場合でも、他の台に再チャレンジが望める。
再チャレンジをする際は、出ていない人の隣の台に座るとチャンス。
土日は人が多くなるのでパターンなどの情報収集が多くできる。また、全体の稼働率が上がると店側は収入が多くなるため、結果的に出る量も増える。

④雑誌は参考にするが、小役などの確率はあてにしない

雑誌には細かい小役確率などが載っているが、あてにしてはダメ。それで勝てるのであれば、多くの人が勝っているはずである。設定もあてにしない。結局、出る台というのはARTに入っているために小役などカウントできない。
*ただし、モンキーターンのテーブルなどや、高確率への移行率は重要な情報です。

すべきことは一つ。
メーカーや台ごとのパターンをつかむ。

・メーカーごとのパターンを見極める
  例)山佐:大量に出て大量に飲み込む。タイミングは難しい。
    大都技研:大量に出た後、出た半分飲まれるが、その後倍出る。
・台ごとのパターンを見極める
  例)押忍!番長2:300以上はまる台は基本的にアウト
    北斗の拳:ART単発は低設定

*多くの人は設定を気にしたり、カウンターを持ち歩いたり、台の上のデータをチェックしたりしていますが、ほとんど意味はありません。出る台は出る。出ない台は出ない。その2つのパターンをつかむことが大切です。

⑤大量導入される台を打つ

上記⑤に示したように、パターンを見極めるためには台が多い方がつかみやすいのは当然のことである。
大量導入台の場合、そのうちの数台は必ず勝てる。
また、左右や後ろの人の出方をチェックし、パターンを掴むための情報収集をする。

最後に...

<軍資金について>
気になる軍資金は最低5万円。(朝一の台から移動することも考えて)
朝一では、台にもよるが最低1万円〜3万円ぐらいは投資すると良い。少なくとも完敗状態で他の台に移らない。

<その他>
終日うつことができない日はやらない。
一人で行く。
通常時は疲れるので液晶を横目でうつ。

1