1. まとめトップ
  2. カラダ

収入が高い人は筋トレしている!?お金持ちと筋トレ愛好家の意外な共通点

私も最近筋トレをはじめたのですが、筋トレをしている人間は本当に収入が高い人が多い事に気づかされました。私が実際に通っているジムは企業経営者や一流企業役員など、本当に上流階級の方々が多いです。彼等から実際に感じ取ったことなどを併せて書いて見ました。よろしくお願いします。

更新日: 2017年09月30日

1444 お気に入り 256116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

はじめに

私は最近格闘技ジムに通いはじめました。
そこで筋トレをしていて気づいた事があります。
そこに毎日通っている様な、自分にストイックな人は本当に収入が高い人が多い事に気づきました。例えば、そのジムを例に出すとそこでがんばって運動されている方は企業経営者や一流企業役員、芸能人など、上流階級の方々が多いです。彼等のお姿からは様々な事が学べます。

そこで1つ気づいた事があります。
収入が高い人間は非常にストイックだと言う事に。

そこから自分の今までの体験談や上流階級の方々のお話から、筋トレ愛好家とお金持ちの共通点の考察にいたりました。
是非こちらの記事があなたのモチベーションの向上につながれば幸いです。
よろしくお願いします。

筋トレをしている人間は収入が高い?

年収高い人間は運動週間がある

「毎朝の体操、1駅分歩くなど、日常の中に決まった運動を取り入れ、習慣化している」と答えた人は「どちらかというと」も含めると400万円台が27.3%に対し、1500万円以上で40.5%。

① 衝動的行動をしない

【筋トレ愛好家】むやみやたらに食事や遊びをしない

筋トレ愛好家は筋肉の為にならない事は基本行わない。
無駄な脂肪食をとること、ファーストフード、飲み会などの参加、将来のためにならないことなど時間の投資に成らない事はしない。
1回無駄な事を行う事って筋トレをさぼったりすることにより、それまでの苦労が崩れ去る事をしっているからだ。

【金持ち】むやみやたらに金を使わない

貧乏人は「欲しいもの」を買う。
金持ちは「必要なもの」を買う。
貧乏人は「欲しいもの」のうち安くて買えるものを買う。
高ければ欲しくても買わない、買えない。

金持ちは「必要なもの」であればどんなに高くても買う。
「必要でないもの」であればどんなに安くても買わない。

② 勤勉である

【筋トレ愛好家】筋肉の為になる日々の練習や学習を怠らない

やらないことは身体がわすれます。筋トレと同じです。
また、新しい情報やノウハウも日々更新されています。
専門分野の練習(学習)を怠らないのは、最低限のことですね。

【お金持ち】勉強する

お金持ちは勉強をする。とにかく本を読む。講演を聴く。人から教えてもらう。
勉強したことが無駄にならないことをわかっているからかもしれない。

【例】読書量が違う。年収600万円の人が、平均2.5冊に対し、年収1800万円の人は、平均5.4冊。

次に平日1日あたりの勉強時間。年収600万円の人が、平均64分なのに対し、年収1800万円の人が平均111分です。

読書が必ずしも勉強に成るとは限らないが、
何かしら学ぶ為に時間を投資している人間とそうでない人間とでは雲底の差が出る事でしょう。

③ 計算高い

【筋トレ愛好家】目標から逆算して生活している

瘦せる事が出来る人間や筋トレで成果を出せる人間は計画通りに物事をこなします。
例えば、ダイエットにはしっかりとしたカロリー計算が必要です。
1日の自分の消費カロリーや摂取カロリーを把握してうまいことやりくりが出来ます。
金を稼ぐ事にも共通しているマメさがダイエットを出来る人間にはあります。

【金持ち】全ての行動は「金」というベクトルに向いている

セレブ妻になりたければ「お金持ちのそばにいる」というのが第一条件。セレブ娘は、お金持ちが身近にたくさんいる環境で暮らしている。

④ 目の前の事に一生懸命取り組んで自分を追い込む

【筋トレ愛好家】筋トレをする人間は徹底的に自分を追い込む

筋トレをする人間は徹底的に自分を追い込みます。
筋トレ上級者で身体がでかい人間程、自分を追い込む事が出来ます。
「筋肉を太くしたい」「瘦せたい」「健康になりたい」「スポーツの競技向上させたい」など様々な目標が筋トレ愛好家にはありますが、その目標の為に自分をきっちり追い込む事が出来る人間が成果を出せるのです。

【お金持ち】短期的にネガティブ、長期的にポジティブである.

よくお金持ちはポジティブな人が多いと言われるが、実際には、そうでもない。短期的には悲観的だったり不安に思ってたりすることが多い。避けられる失敗はなるべく避けようとする。
一方で、将来的に自分がどうなるか、などに関しては驚くほどポジティブである。長期的に悲観になっても無駄だということを知っている。逆に、短期的に「まあいいか」と楽観的になると、のちのち悪いことが起きるのを知っているので、目の前のことに対しては真剣に考える。

つまり一生懸命に目の前のことに取り組める。

もし筋トレがしたくなったら!?

何故なら毎月経費が発生するため、
真剣に筋トレを行う様になります。

基本家で筋トレやろうとすると続かないのが関の山です。
金を払うと言うリスクを踏み出す事により、
はじめて筋トレをする様になるのではないでしょうか?

② ゴールドジムが敷居高いと思う人はフィットネスクラブに通ってみる

【例】
1、ティップネス
http://www.tipness.co.jp/
2,コナミスポーツクラブ
http://www.konamisportsclub.jp/
3、東急スポーツオアシス
http://www.sportsoasis.co.jp/

【メリット】
1、初心者でも気軽に入会できる
2、会員費プランが様々なニーズに対応しているので安く利用できる
3、プールがあるジムが多いために有酸素運動をするには最適
4、地域に根ざして経営している場合が多いので使い勝手が良い

【デメリット】
1、会員の目的が様々なために筋トレのやる気をそがれるケースもある
2、筋トレ器具の充実度が低い

参考リンク

1