1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

残酷すぎる…富山県警の警部補が老夫婦を殺害し、放火

富山県警の警部補が殺人と放火の容疑で逮捕された。夫婦2人を首を絞めて殺害し、火を付けるという残忍な犯行。いったい何があったのか?

更新日: 2012年12月23日

18 お気に入り 85172 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

秋山田さん

2010年4月に富山市大泉のビルで住人の会社役員、福田三郎さん(当時79)夫妻が殺害され、住居が放火された事件

富山県警は、県警警察官の加野猛容疑者(54)を、殺人と現住建造物等放火などの容疑で逮捕

残忍で、計画的と思われる犯行内容

富山市大泉にあるビル2階の福田さん宅で、福田さんと妻信子さん=当時(75)=の首を絞めて殺害

首を絞めるのに使ったひもや灯油をあらかじめ用意していたとみられる

加野被告は「やったことは間違いない。被害者と家族に申し訳ないと思っている」と供述

殺害の動機は金銭トラブルか?

放火殺人事件の前から、複数の消費者金融から二百数十万円の借金をしており、借金は遊興費などに使っていた

福田さんは、当時金融業も営んでおり、個人的な恨みや福田さんとの金銭の貸し借りの有無などを調べている

容疑者は事件後に自殺未遂をしていた

事件の4か月後のおととし8月、自宅で睡眠薬を大量に服用して自殺を図り、病院に運ばれていた

当時、警察に対し「家庭の問題で悩んでいた」と説明した

逮捕に至った過程

事件翌月の10年5月、捜査本部が加野容疑者から話を聞いたところ、「交流があり、あいさつ程度はしていた」と話していた

今年八月上旬、新たな捜査情報を入手し、加野容疑者が捜査対象者の一人として浮上

容疑者は既に情報漏えいで逮捕されていた

覚醒剤事件の捜査情報を知人男性に漏らしたとして地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで今年10月31日に富山県警に逮捕

別の男性に暴力団関係者の逮捕に関する捜査情報を漏らしたとして11月21日に同容疑で再逮捕、起訴されていた

現職の警官が複数の殺人は前例が無い

1 2