1. まとめトップ

【美しき生き方を学ぶ】美輪明宏の格言・名言集

容姿も言葉も生き様も美しい、美輪明宏さんの名言を集めてみました。歌手、俳優、演出家、作家など多種多様にこなす美輪さんの語録は、優しく、重く、そして憑き物がおち、目から涙がこぼれ落ちます。

更新日: 2017年03月27日

368 お気に入り 162582 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

1935年5月15日生まれ。
17歳のとき「丸山明宏」の名で歌手デビュー。
銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」と専属契約する。
22歳のとき「メケメケ」でレコードデビュー。
その後「ヨイトマケの唄」を発表。
自分の信念を曲げずに唄い通し、
広く全国から共感を呼ぶまでになる。

その後、三島由紀夫や寺山修司の舞台に
参加するようになる。

36歳の時に芸名を「美輪明宏」に改名。
一時期、原爆の放射能の後遺症で休養を
余儀なくされた事もあったが、現在は歌手、
俳優、演出家、作家などマルチタレントとして
活動している。

孤独とは物事を深く考えるチャンス。
友達が多い事は必ずしも幸せではない。

美輪明宏の名言

愛する人に「愛してるよ」と言える幸せ・・・。
感謝の心を持てば生きるエネルギーが湧いてくる。

美輪明宏の名言

充実した人生を送るコツは
生きがいをたくさん分散させておくこと

すぐキレるのは、
自分の気持ちを表現する適切な言葉を知らないから。
たくさんの本を読んで言葉を知ればストレスは溜まらない。

美輪明宏の名言

皆が喜んでくれる自分を演じるより、
人目を気にせず、
素顔の自分を表現すれば楽になる。

美輪明宏の名言

お父さんの欠点ばかりが目に付くのは
父親として見ているだけだから
お父さんも一人の人間

「俺が稼いだ金だから、俺に権力がある」
そんな考え方は流行らない
皆で分かち合うのが、家族の民主主義

お経を何万篇唱えても、
心がこもっていなければ鼻歌と同じ。
大切なのは感謝の気持ち。

美輪明宏の名言

色気とは仕草や形ではなく、
精神的に相手を包んであげる上品な優しさの事。

美輪明宏の名言

せめて自分ぐらい自分を褒めて認めてあげないと
自分が救われない。
自分の味方になれるのは自分だけ。

美輪明宏の名言

運が良くなりたければ、微笑んでいれば良い。
人に優しくすれば良い。
思いやりと優しさで、運は開ける。

美輪明宏の名言

自分に満足した人は天狗になる。
自分に満足できないから向上心が生まれる。

美輪明宏の名言

どんなトラブルが起きても微動だにしない。
そんなレベルに達するまで人生の修行は続きます。
弱音を吐かず覚悟を決めて。

美輪明宏の名言

心が悪くなる事もある。
しかし、そこで反省すればいい。
その繰り返しで魂は向上していく。

美輪明宏の名言

自分に思いやりが足りない人ほど相手に思いやりを求める。
自分の言葉が相手を傷つけていないか、まず反省してみる事。

美輪明宏の名言

親が子どもに恥ずかしくない生き様を見せるのが、
何よりの教育。

美輪明宏の名言

惨めな自分を笑い飛ばすユーモアは先人の知恵。
どんなに辛いときでも明るく生きる高等技術。

美輪明宏の名言

孤独な人ほど愛情が苦手。
自分を守ろうとしないで、
包み込むような愛情に身をまかせてみては。

美輪明宏の名言

人の思惑ばかり考えていると、自分が薄まってしまう。
充足感がないのは、自分がはっきり見えないから。
大切なのは、自己分析と自己の確立。

美輪明宏の名言

苦しみを経験するから幸せの有り難みが分かる。
苦しむことは幸せになるためのプロセス。

美輪明宏の名言

時と世代を超えた美輪さん

紅白歌合戦にて、強烈なメッセージがこめられた歌『ヨイトマケの歌』を歌った美輪さん。世代を超えて、その美しき生き方に魅了されたメッセージが続々とよせられた。

っていうか美輪明宏さんのヨイトマケの唄凄かったですね! 初めてちゃんと聞いたけどほんと世界に引き込まれた! 情景が浮かぶとはこのことやーって感じ!

紅白、美輪明宏さん良かった、迫力、力強さ、メッセージ、前後が飛んだ、歌よりも物語かな、これだけで観た甲斐があった

今更ですが…紅白で美輪明宏さんが『ヨイトマケの唄』を歌ってらっしゃった時約6分間放心状態でした…今の時代がどんなに恵まれているか…それが僅かながらに実感しました。これこそ絶対に忘れてはいけない日本の精神だと思います。

歌に励まされたとか反吐がでるけど、昨日の美輪明宏のヨイトマケの唄はほんとうに良かった。心臓がブルブルした。いろいろ気付かされた。未来への警鐘だと思った。そういえば、うちのかあちゃんが昔エンヤコラ言ってたのコレだったんだなーって。毎日を頑張ろうと思います。

1