出典 plaza.rakuten.co.jp

次第に、看守役は誰かに指示されるわけでもなく、自ら囚人役に罰則を与え始める。反抗した囚人の主犯格は、独房へ見立てた倉庫へ監禁し、その囚人役のグループにはバケツへ排便するように強制され、耐えかねた囚人役の一人は実験の中止を求めるが、ジンバルドーはリアリティを追求し「仮釈放の審査」を囚人役に受けさせ、そのまま実験は継続された。

精神を錯乱させた囚人役が、1人実験から離脱。さらに、精神的に追い詰められたもう一人の囚人役を、看守役は独房に見立てた倉庫へうつし、他の囚人役にその囚人に対しての非難を強制し、まもなく離脱。

この情報が含まれているまとめはこちら

【役に立たない雑学】スタンフォード監獄実験の世界

スタンフォード監獄実験(スタンフォードかんごくじっけん、Stanford prison experiment)とは、アメリカのスタンフォード大学で行われた、心理学の実験である。

このまとめを見る