1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

日本人なら知っておきたい "焼き魚" のキレイな食べ方

汚い食べ方だと目についてしまう焼き魚。かといって自分もキレイに食べているかと言われると自信がない・・・。お箸をうまく使ってキレイに魚を食べる方法をまとめました。

更新日: 2012年12月23日

2183 お気に入り 499148 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

girlilyさん

意外と見られている・・・

汚い食べ方だと目についてしまう焼き魚。かといって自分もキレイに食べているかと言われると自信がない・・・。
お箸をうまく使ってキレイに魚を食べる方法をまとめました。

上身から食べる

胸びれや背びれなどを手前から順にはしで外していく。外したひれは皿の右上にまとめて置く

まず中骨に沿って箸を入れ、上半分の身を食べます。

尾頭付きの魚は、頭から尾に向かって箸を入れていくと身がほぐれて食べやすいものです。

まずは上身を食べます。先に箸を入れておき、身をほぐした後に食べ始めましょう。レモンなどかける場合は、隣の人や前の人に飛ばないよう手を添えて絞ることを忘れずに。

小骨を口から出す時

口に残ってしまった小骨は、口元を隠しながら箸で取り出し、皿のすみに置きます。

万が一咀嚼中に食べられない小骨を感じたら、手で取ったりせず、箸で骨だけを取り出して、皿の脇に置きましょう。

できれば小骨を取り除いた状態で身を口に入れるのが好ましいですが、口に入れてみて小骨の存在に気付くこともあります。
そういった場合は手で取るのではなく、箸で小骨を取り出しましょう。
その時、食べている身を一緒に取り出してしまわないよう注意が必要です。

中骨をとる

半身食べ終わったら、骨を箸でもち、骨を身から離すようにします。

頭と尾を身から離したら、皿の上隅の方へ寄せておきましょう。

後で必ずおしぼりか懐紙で汚れをふき取りましょう。

手を使うと行儀が悪い?と不安になりがちですが、骨を取る時に手を使うのはマナー違反じゃありません。
手でしっかり頭を持って、骨を身から離しましょう。

魚は裏返さない

上身を食べ終えた魚を裏返して、下身を上身と同様に食べることは、不作法なこととされ、マナー違反です。

残っているレモンなどを中骨の上から下身全体に搾りかけることで、中骨がはずれやすくなります。

裏返した方が食べやすいですが、これはマナー違反。焼き魚を食べる上で見苦しいとされている行為です。
上身を食べたからといって裏返さないよう、気をつけましょう。

下身を食べる

頭や骨は皿の向こう側へ寄せて下の身を食べます。

上身と同じように食べていきます。裏返さず食べていればここは何の問題もありません!

食べた後は

食後の皿が見苦しくないよう、残った骨やワタなどを皿の一ヶ所にまとめておきます。

お皿に残った骨を(お懐紙を使って)覆い隠すと、見栄えも良くなりますね。

骨は一カ所にまとめる。お懐紙があれば、それで覆い隠してもいいそうです。食べた後のお皿がキレイな人はステキですね。

★こんな時はどうする?

皮を残す場合

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1