ネコの上顎にあるヤコブソン器官(鋤鼻器官)がマタタビラクトン類などに反応し、その信号が脳に伝わるのは確かなようです。なお、ヤコブソン器官は、一般的な匂いを感じる器官ではなく、フェロモン用物質を認識する器官です。

出典:: 「猫にマタタビ」の科学 | トピックス〜フード・ペプタイド ::

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

猫をメロメロにする「マタタビ」の成分と意外と知らない危険性

猫用「マタタビ(またたび)」。市販ではスプレー、お香、水にも混ぜられる粉末、またたびの木、などもあるようです。猫の爪とぎやトイレなどのしつけにも有効なまたたび。でも、アレルギーや、あげすぎて中毒になる使い方をしないように注意しないと危険なようです。

このまとめを見る