1. まとめトップ

海外旅行に行く方ご注意!パリ、NYでスマホ盗難多発!手口と盗難対策 #iPhone

海外主要都市ではiPhoneをはじめとするスマートフォンの盗難が激増。特に日本人は国内の感覚で街中や電車・バス内でスマホいじりをするため格好の餌食に。スリ、ひったくり、恐喝やホテルの盗難など注意が必要です。今年の年末年始は海外旅行する方が増えているとのことなのでくれぐれもご注意ください。

更新日: 2013年11月20日

C_koさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
137 お気に入り 124516 view
お気に入り追加

世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?やっぱり超デカかった!でも意外だらけだった!アメリカに3時間で行った気になれるSP!の中でも、ニューヨークの最近要注意の犯罪として取り上げられていました。2013年10月9日アップデート

~~主要都市などで急増するスマホ盗難の実態~~

米国のNY、サンフランシスコ、ロサンゼルス、観光地パリなど各主要都市でのiPhoneをはじめとしたスマホ狙いのひったくり、スリなどの犯罪が急増しています。スマホはハード本体が高額で取引をされるため、最近は財布よりもスマホをターゲットに狙われるそうです。

サンフランシスコでは強盗事件の半分以上がスマートフォンを狙ったもので、この比率はニューヨークでも40%以上、ロサンゼルスでは25%以上に増えている

去年1年間だけでスリや引ったくりを含む強盗が4割も増え、その増えたほとんどがスマートフォンの被害だとフランスのメディアが報じた

◆警察や公共施設からの注意勧告

パリでも、NYでも現地住居者、旅行者にかかわらず被害にあっています。

NYの地下鉄ではスマートフォンを人前でさらさないように注意喚起するアナウンスも流れており、iPhoneをはじめとするスマートフォンは窃盗団にとって格好のターゲット

◆もともと日本国内よりも治安が悪い

海外の場合は常習化しすぎてスリ程度は治安が悪い部類に入らないので、日本国内と一緒にするととても危険ですので気をつけましょう。

~~”え?””あっ!”という間に被害にあうその手口とは~~

1.ひったくり

盗っ人達は、(例えば)iphoneで写真を撮っているのを確認し、盗れるタイミングを狙い後をつけてきます

フランス専門旅行会社「フランスデスク」のスタッフによるブログでの、スタッフさんたちのリアルタイムな「フランスの盗難事情」についてのお知らせ(2012年春)からです

ヤフートラベルの旅の知恵袋で至急の質問として掲載されていました。現在は解決済。

携帯本体にはロックをかけておらず、Pinコードも設定していなかったそうです。携帯はデータローミングとデータ通信をオフにしてあり、wifiだけを使える状態にしてあったといい、どんな対応をしたらよいかという質問を投げていました。詳細は当サイトへ:http://www.gettyimages.com/detail/sb10062763m-001

先日パリにて黒人によるひったくりにあい、パスポート、クレジットカード、スマホ 、現金、学生証、ホテルの領収書(英語で住所が記載してある)など貴重品の盗難にあいました

2.だまし、スリ

アンケートを取るフリをして近づいてきて、あっという間にiphoneを盗られてしまう・・・という手口

そのほかに、おとしものや親切な人のふりなどいろいろな手口で声をかけてきます。

3.電車やバスの中

声をかけてきたり・・ぶつかった拍子に・・混雑したメトロの中で・・・など盗れると思えばどこまでもついてきます

スマホが盗られるというだけではなく、身の危険を感じますね。

最近では自動券売機でちょっと手間取っていると、「操作方法を教えてあげる」と言って、カードの暗証番号を盗もうとするケースも増えています

一見は百聞にしかず↓ハンガリーの地下鉄内で降りる瞬間にiPhoneを盗んで逃げる男

こんなふうにiPhone片手に居眠りって日本ならどこでも見かける光景ですよね。。。気をつけなくちゃ!

1 2 3





C子デス。

一日一善いちまとめ!が人生の目標デス。
”愛”のあるまとめを目指しています