ポーランドではユダヤ人総人口の9割がホロコーストで死滅したとされている。
「劣等民族」または「不穏分子」としてシンティ・ロマ人(約20万人)、ポーランド人、セルビア人(50万から120万人)、ロシア人、スラブ人、知的障害者、精神病者、同性愛者、黒人、エホバの証人、共産主義者、無政府主義者、反ナチ運動家なども殺害したとされる。殺害されたこれらマイノリティーの合計は、900万人とも1100 万人とも言われる。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所をはじめとする「絶滅収容所」をポーランド領内に建設した。とりわけ「絶滅収容所」には、ユダヤ人の大量殺人を目的とする「ガス室」が設けられ、「ツィクロンB」と呼ばれる毒ガスを使って、約600万人のユダヤ人を殺害したとされる。ユダヤ人の遺体は焼却処分され、それに伴う死体運搬等の労働はユダヤ人が行うよう命じられた。
とくに被害が大きかったのが中央および東ヨーロッパで、1939年当初のユダヤ人人口は700万人であったが、そのうち500万人がホロコーストで殺害されたとされる。

出典ホロコースト - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大量虐殺を行った歴史上の支配者【ランキング】

近代の大量虐殺を行った歴史上の支配者をまとめました。写真の右隣の期間は主にその人物が活躍した時期です。

このまとめを見る