日本と韓国では知名度の低い「保導連盟事件」などで虐殺。
1950年の朝鮮戦争勃発で、李承晩大統領の命令によって、
軍や警察、共産主義からの脱却を目指す人間、
政治犯や民間人など、少なくとも120万人あまりを大量虐殺した。
朝鮮戦争の初期に、韓国政府によって子供を含む少なくとも10万人以上の人々を殺害。
そして、排水溝や炭鉱や海に遺棄。

韓国では近年まで事件に触れることもタブー視されている。

出典保導連盟事件 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

大量虐殺を行った歴史上の支配者【ランキング】

近代の大量虐殺を行った歴史上の支配者をまとめました。写真の右隣の期間は主にその人物が活躍した時期です。

このまとめを見る