1. まとめトップ

国民が知らない安倍総理の真実

更新日: 2013年01月03日

honey8さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 91435 view
お気に入り追加

平沢勝栄議員が家庭教師だった

小学4年から5年にかけ、東大生だった平沢勝栄衆院議員が家庭教師をしていた。

好物はハヤシライス・キムチ・アイスクリームで、実はカレーが苦手

「僕はカレーを食べると、下痢を起こしやすいのでハヤシライスを食べるんです」

趣味はスプラッター映画の鑑賞

総理大臣には密かな楽しみがあった。それは、深夜や休日に自宅リビングに家族を集め、なんとスプラッター映画を鑑賞することだったのである。スプラッター映画とは、ホラー映画のなかでも特に殺人シーンや残虐な拷問シーンなどを強調したグロテスクなジャンルのものだ。秘書に命じて次から次へと過激な作品を買い集め、嫌がる家族を座らせて大音量で上映し、目をらんらんと輝かせていた姿は、その家族にも「もう限界だ」と思わせるものだった。

学歴詐称疑惑がある

本誌の調べによると、安倍氏自身の留学経歴にも重大な疑惑が発覚した。同氏の公式の経歴書には、成蹊大学を卒業後、南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学したとされているが、USC広報者担当者によると、安倍氏が政治学部に在籍したことはなく、78年の春期、夏期、秋期にのみ在籍し、取得した6コースのうち、3つは外国人のための英語コースであり、そこには政治学は含まれていない。しかも安倍氏は、2年間留学といいながら、実際には1年間にも満たないことがこれで判明した。

巨額脱税疑惑がある

そう、安倍首相を辞任に追い込んだスキャンダルとは、本誌が9月12日中に回答するように安倍事務所に質問をつきつけた「相続税3億円脱税疑惑」のことなのである。政治団体をつかった悪質な税金逃れの手口を詳細に突きつけられて首相は観念したというわけだ。

事務所はパチンコ屋が提供

九州に有名な元在日韓国人の富豪がいる。パチンコ事業を展開する七洋物産の吉本章治社長(81)だ。今は日本に帰化しているが、2002年12月に韓国政府から国民勲章槿(むくげ)賞を授与された。韓国人留学生・日本人留学生に奨学金を出していたという功労での叙勲だ。安倍晋三・自民党新総裁の地元にある下関事務所ビルは、吉本社長の妻が経営する会社の所有だ。

統一教会との関係が祖父の代から続く

そもそも祖父の岸信介氏から統一教会との関係は始まっている。統一教会の政治団体として国際勝共連合が'68年に設立されたが-。「設立には岸信介元首相の協力がありました。岸氏はその後も統一教会を訪れ信者を激励したり、教祖・文鮮明と会談するなどしている。安倍氏の父親の故・晋太郎氏も、明年に帝国ホテルで開かれた文鮮明の晩餐会に出席、さらに勝共連合の機関『思想新聞』 ('90年3月25日付)の勝共推進議員名簿にも名を連ねている」(統一教会ウオッチャー)

作詞家である

安倍首相(52)が歌手のアグネス・チャン(51)のために作詞をしたという。タイトルは「美しい国」にちなんで「美しいのは」だって……。笑うなかれ。「美しいのは 母の背中 ふるさとの海 冬に咲く花」といった歌詞に曲がつけられ、12月発売予定のアルバムで作品になるらしい。

1 2





honey8さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう