1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

インド東部コルカタ(Kolkata)郊外で4日、レイプされた後に生きたまま火を付けられた女性(35)が、犯人の男(42)を炎の中に引きずり込んで殺害した。警察が6日、明らかにした。

【写真特集】AFPのカメラがとらえた「インド」 ヨガや祭り、奇抜な軍事演習も

 女性は顔と両手にやけどを負った一方、犯人の男は病院に搬送されたが、やけどにより死亡した。

 女性が警察に語ったところによると、夫を亡くした女性はコルカタ北方の自宅で娘たちと暮らしていたが、娘たちが外出している際、男に襲われレイプされた。その後、体に灯油をかけられ火を付けられたという

【5月30日 AFP】インドで10代の少女を集団レイプし、首を絞めて殺害した後、自殺に見せかけるために遺体を木から吊るしたとして、容疑者の男3人のうち2人が逮捕された。残る1人は現在も逃走している。同国北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州の警察当局が30日、発表した。

 被害者はインドの身分制度カーストの中の低階層出身の少女で、年齢は15歳と報じられている。現地警察によると少女は27日、容疑者のうちの1人の男と会うために家族が寝静まった後、自分の村の外れまで出かけたが、男は仲間2人を連れてきていた。男3人に抵抗した少女はレイプされ、さらに首を絞められ殺された。男たちは自殺と見せかけるために、少女が身に着けていたスカーフを使って少女の遺体を木から吊るし、立ち去った。現場は少女の家から1キロ離れた場所だった。

インド北部の村で、5人の男に集団レイプされた10代の少女2人が、木に首をつった状態で死亡しているのが見つかった。警察が29日、発表した。

 検視報告書によると、死亡した2人は14歳と15歳のいとこ同士で、カースト(身分制度)の枠外に置かれる最下層「ダリット(Dalit)」の出身で、北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州バダユン(Budaun)県の村で暴行された後、27日夜に自ら首をつったとみられる。

 バダユンの警察署長はAFPに対し、「報告書によると、死亡したのは首をつってからとみられるため、2人は恐らく自殺したようだ。しかし結論を出す前に、あらゆる可能性を考慮する」と話している。

インドでの婦女暴行は日常茶飯行なわれてきた訳(お咎めなし信仰のため)http://matome.naver.jp/odai/2136218986480372001

インド女子集団暴行の主犯自殺!インドでの婦女暴行は日常茶飯行なわれてきた訳(お咎めなし信仰のため)http://matome.naver.jp/odai/2136218986480372001

政府は、集団強姦事件が日常的に横行し、性的嫌がらせが見過ごされる国内の状況を厳しく見直し、女性の安全確保に尽力すると約束した。

女性は繰り返し強姦された上に、鉄の棒で性的暴行を受け、腸管を損傷していた。警察によると、逮捕された6人の男たちには死刑判決が下る可能性がある。

1 2