1. まとめトップ

体重が気になる河北麻友子の画像まとめ【脚がガリガリ】

拒食症も心配される。吐きダコのような画像も。体重は38kgらしく痩せすぎと話題。英語の発音がとてもキレイ。熱愛、彼氏、性格、父の会社などについても。

更新日: 2013年08月23日

69 お気に入り 2679648 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

熱愛、彼氏、性格、痩せすぎ、英語、拒食症、吐きダコ、水着、父の会社

2009年1月の深夜、海老蔵のマンションから出てきたところを目撃される。河北麻友子は国民的美少女コンテストグランプリを受賞、当時はまだ17歳だった。

アメリカ出身の帰国子女のせいなのか、敬語が使えずに周りの大人たちにタメ口。タメ口だけならまだしも、色々な大人へ上から目線でアドバイスやダメ出しをしたりしています。

河北麻友子さんの体重について調べてみると・・・身長163センチ、体重が38キロとのことでした。これは痩せすぎですね・・・163センチなら最低でも50キロくらいはないと健康的ではないはず・・・

河北麻友子さんは帰国子女だそうで、英語の発音はとてもキレイなんだそうです。

吐きダコとは摂食障害などで指を口に突っ込んで嘔吐を繰り返すと手に出来るタコです。人それぞれの吐き方があるので細かくどこらへんとかはないかもしれません。指の関節あたりにできたり、指の付け根、手の甲、手の平にできる人もいます。

熱愛報道が一番のスキャンダルである女性タレントだが、河北麻友子の場合は熱愛より、拒食症や体重の話題がハッキリと明らかにされてしまうのが一番の痛手かもしれない。

初主演映画「空の境界」の初日舞台あいさつで「初主演で初ビンタを受けた。水着も初めて。紙面などでも、なったことないんです」と初めてずくめだったという。撮影現場では「お芝居で泣いたことがなかったんですが、今回は毎日のように泣かされてました」と振り返った。

父親はニューヨークで会社経営をしているそうで、父方の家系がこれまた凄い。河北麻友子の高祖父は、なんと、あの歴史上の人物、吉田松陰の弟子の一人である河北義次郎だという。

 河北義次郎は、松下村塾で学び、明治政府の樹立後は大蔵省へ出仕。その後、サンフランシスコ領事を経て、在韓国京城公使館を歴任した歴史上の人物。ちなみに、河北義次郎は、48歳の若さで亡くなっている。

 また、実家はマンハッタンの高級住宅街にあり、隣の家はなんと、あの「ビヨンセ」様だという!さらに近所にはロバート・デ・ニーロが住んでいたりと、もう何が何だかよくわかりません。

画像(随時更新)

1 2 3