常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉。
もともと、古人が席の右側に置いて自らの言行を戒める言葉であったが、後に人々はそれを傍らに置いて自らを激励したり、戒めたりする格言となったとされている。
「銘」とは、古人が鐘や器などの器物に刻む文体の一種であり、自分自身の戒めや他人を賞賛する目的で刻んだものである。
また、「座右」とは、皇帝が自分の右手側の席に、信頼できる補佐役を座らせた重要な席を指している。

出典座右の銘とは - はてなキーワード

格言は”戒めや教訓などを簡潔に表した言葉”であるのに対し、座右の銘は”常に意識して、自分の戒めや励みとする格言”である。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

座右の銘とされることの多い言葉

「座右の銘」とされることが多い四字熟語や言葉・名言を集めました。有名人の座右の銘・格言、オリジナルの座右の銘・格言。

このまとめを見る