呼吸と自律神経は深い関係にある。深くゆっくりと息をしていれば、リラックス時にはたらく副交感神経がスムーズに動き、ホルモンの分泌や免疫のはたらきが正常になる。しかし、つねに浅い呼吸を続けていると、この仕組みが狂ってくる。副交感神経のかわりに、緊張したときに動き出す交感神経ばかりがはたらくようになり、体のあちこちに支障があらわれる。

このように、浅い呼吸は脳や自律神経に影響を及ぼし、ストレスをますます増幅させてしまうのだ。

出典呼吸法〜鼻とお腹で、ゆったり深〜く|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック

そんなバランスを崩しやすい自律神経を正常なバランスに整えてくれるのも腹式呼吸の効能の1つです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【声が通る】腹式呼吸の驚くべき効能【脂肪燃焼】

「ストレスを減らしたい」「通る声を出したい」「痩せたい」など人の悩みはつきません…。腹式呼吸はそんな悩みを根底から解消する力があるようです。そんな腹式呼吸の情報を独自に集めてまとめてみました。

このまとめを見る