1. まとめトップ

日常のひとこまがなくなる、35年間続いた『スジャータ』時報CMに幕

約35年続いためいらくグループの「スジャータ」時報CMが年内に終了そうです。誰もが聴いたことがあるスジャータ時報についてまとめています。

更新日: 2012年12月29日

6 お気に入り 26748 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

emo.tamさん

▼ 35年間続いた「スジャータ」の時報CMに幕

ユニーと子会社のサークルKサンクスは2013年1月1日から、全国のAMラジオ6局で時報CMを放送する。約35年続いためいらくグループ(名古屋市)の「スジャータ」から切り替わり、同日午前5時に1回目を放送する。AMラジオの聴取者に多いシニア層に対し、グループの認知度を高める。

スジャータより時報の件について返答きたー!なんて丁寧なんだろう・・・・コーンスープ8ガロンぐらい飲んでやろうかしら

スジャータ返答1「平素は格別の御愛顧を賜り、誠に有難うございます。弊社時報CMの件でお問合せを頂き、たいへん恐縮に存じます。このたび、経費節減と時報CMに代わる新たな広告宣伝への改善をはかるため、今月末をもって終了することとなりました。」

スジャータ返答2「永らく御愛顧頂いておりましたこと、深く感謝申し上げます。また皆様に親しんで頂けるような、新しいPRを企画検討してまいります。今後とも変わらぬ御愛顧のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。めいらくグループ名古屋製酪㈱」

▼ ご存じの方も多いこの時報

15秒あたりから。これはWikipedia↓によると基本形の時報ですね。

「スジャータ」と繰り返し歌うCMソングに続くパターンは5種類

「コーヒーにスジャータ。」(女性)、スジャータが○時をお知らせします(男性)。(基本形)
スジャータのめいらくが○時をお知らせします。
スジャータのめいらくグループが○時をお知らせします。
褐色の恋人、スジャータのめいらくが○時をお知らせします。
褐色の恋人、スジャータのめいらくグループが○時をお知らせします。

CMが放送されているラジオ局は以下

HBCラジオ(北海道)東北放送(TBC、宮城県)文化放送(QR、東京都、※日曜日は放送しない)CBCラジオ (愛知県)MBSラジオ(大阪府)RKBラジオ (福岡県)TOKYO FMをキーステーションとするJFN系列の各局

▼ 『日常のひとこまがなくなる』と惜しむ声が多数

文化放送、札幌HBC、福岡RKBなどで35年間続いた「スジャータ」の時報CMに幕。来年元日から、「ユニー・サークルKサンクス」に切り替わる。あの「スジャータ、スジャータ~♪」とは大晦日でお別れ…

なくなるのか…ちょっとさみしい。 RT @annexxenna: 文化放送、札幌HBC、福岡RKBなどで35年間続いた「スジャータ」の時報CMに幕。来年元日から、「ユニー・サークルKサンクス」に切り替わる。あの「スジャータ、スジャータ~♪」とは大晦日でお別れ…

あたりまえとおもいこみ、気にも留めなかった日常のひとこまがなくなることを知り、えもいわれぬショックを受ける。スジャータのラジオ時報など、その典型ですよね

「どんなラジオ番組をやってるかは知らなくても、あの時報ソングは知っている」という人はいたと思います。35年という永きに亘って、ラジオを通じて時間を告げて下さいました。褐色の恋人・スジャータ、ありがとうございます。ポタージュスープも美味い。こんな寒い日は。もうすぐ10時です。

▼ 今更ながら「スジャータ♪」の後は、何て言ってるでしょう?

♪ スジャータ・スジャータ・ちいろいろのみスジャータ(←結局最後まで何て歌ってるのかわからなかった悲しみに)

@ANI3 白く広がる優しいスジャータ♪ と把握してました

ラジオの時報でお馴染みの歌「スジャータ♪スジャータ♪白いひろがり…」は1976年(昭和51年)より放映されたテレビCMのために作られた曲でした。

この曲は昭和51年5月、テレビCMに起用した藤山一郎さんのイメージに合った、スジャータのイメージソングとして、作曲家の青山八郎さんにお願いして作って頂きました。

▼ そう、もともとはテレビCMでした。

CMだと「スジャータ♪スジャータ♪白いひろがりスジャータ♪」という歌詞がよくわかります。

▼ ちなみにこんなスジャータ時計まで展開されていたそうです。

▼ ところで「スジャータ」の由来ご存知ですか?

スジャータという商品名の由来は?

『「スジャータ」とは、長期間の修行に疲れて休息していたお釈迦様に乳粥を差し上げたというインドの娘さんの名前からつけられました。スジャータという商品名には、皆様にコーヒーをよりおいしく召し上がっていただくためのフレッシュでありたいという願いが込められています』

『釈迦は6年にわたる生死の境を行き来するような激しい苦行を続けたが、苦行のみでは悟りを得ることが出来ないと理解する。修行を中断し責めやつしすぎた身体を清めるためやっとの思いで付近のネーランジャラー川に沐浴をした。スジャータは、釈迦が悟る直前に乳がゆを供養し命を救ったという娘である。』wikipediaより

▼ 乳粥は作れませんが、コーヒー以外にも使える「スジャータ」

1 2