1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

参拝が命がけ!日本一参拝が難しい国宝の寺「三徳山投入堂」の魅力

鳥取県にある「三徳山投入堂」は、日本で最も参拝するのが難しい寺(国宝)と言われています。険しい山を登山して登る事になり、「国宝の寺」が断崖絶壁の上に建てられています。

更新日: 2014年05月13日

276 お気に入り 363326 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

naoko5さん

三徳山投入堂について

849年に建てられた建築物で「国宝」

鳥取県のほぼ中央に位置する三徳山(標高900メートル)に境内を持つ山岳寺院である。古くは三徳山全体を境内とした。「投入堂」(なげいれどう)の通称で知られる奥院の建物は、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝に指定されている。

全国の国宝で最もアクセスが難しい

役行者が開いたとされる行場ですので、険しい山道を1時間近く登ってようやく辿り着く難所に建っています。全国にある国宝建築物の中でも、実際に見ることが難しいものの一つだと言えるかもしれません。

この10年で3人の方が亡くなっている険しい山の中

ここ10年で3人の方がお亡くなりになっていますなどと案内所の人が言っていた。そうなのだ。ここからは修験道の修行場でかな~り険しいのだ!

見るのに、日本一危険な国宝なのである。

鳥取県の三朝温泉から山の中に入った場所にあります。三朝温泉に宿泊しながら参拝する人も多いようです。

遠くから見ると、いかに険しい山かという事が分かります。三徳山投入堂」に行くには、登山をしながら参拝する事になります。

三徳山は、複数のお堂があります。849年に慈覚大師円仁が「本尊釈迦如来」「阿弥陀如来」「大日如来」の三仏が安置されたとされています。

三徳山は修行の場所となっているので、木の根や岩をよじ登りながらの参拝を行う事になります。ゆっくりと参拝したい方は、三佛寺の宿坊(後述)に宿泊しても良いかもしれません。

三徳山の最終地点で、崖の上に位置しているお寺です。普段は、投入堂の中に立ち入りが禁止されているので、下から見上げる形の参拝になります。

稀に内部を見られる「特別参拝」が認められる事もありますが、その場合でも内部に入れるのは少人数です。

「三徳山投入堂」に行く心得

修行の場なので、決してあなどってはいけない

三徳山は、706年、役(えん)の行者(ぎょうじゃ)が修験者たちの行場として開いたことに始まる。単なる山登りではなく、修行場なのだ。だから安全柵が無い。宝物殿でみた役(えん)の行者(ぎょうじゃ)は、かなりの高下駄を履いていた。よくもあの険しい山を高下駄で登ったものだ。県道から投入堂までの標高差はおよそ200メートル、登攀道は片道700メートルだが、決してあなどってはならない。

三徳山に登るので、入山料も必要

まずは、入山料(大人600円)を支払います。滑りやすい靴の方はここで草鞋(わらじ)を借りましょう。念のために軍手や水筒(飲み物)などを持っていくと安心です。

本堂裏の「宿入橋(しくいりはし)」周辺から登り始め、木の根が入り組んだ「かずら坂」や「クサリ坂」などを進みながら、投入堂までの道のりは片道40分~50分。両手、両足、体全体を使って投入堂を目指します。

険しい道を這い上がる格好が必要

特に気をつけなくてはいけないのは「服装」でしょう。スカートやハイヒールで来るような方は論外としても、足を露出したハーフパンツ姿は(危険性の面でも、修行場に立ち入る心構えの面でも)入山を断られるようです。

また、履いていく靴はトレッキングシューズなどが最適です。スニーカーであっても、ソール部分が滑りやすそうなものは不可ですし、逆にスパイクなどがついた登山靴だと、樹の根を傷めてしまうためこれも不可。受付で販売している草鞋(@500円)に履き替えて登らなくてはいけません。

入山の時間制限も非常に厳しい

投入堂参拝受付時間は、8時から15時までです。参拝時間外は閉門致します。

安全の為に1人の参拝も禁止

まず、一人での参拝は禁止。安全のため必ず二人以上のグループで登らなければならないということだ。一人で来た人は、他の一人で来た人とペアを組まされることとなる。

三徳山の三佛寺に宿泊できる!

三徳山の三佛寺に3つの宿坊があり、宿泊可能

輪光院宿坊 
正善院宿坊 
皆成院 (http://www.kaijoin.com/

三徳山の水で作られた「三徳豆腐」が名物という事です。

特別に参拝する様子

稀に数名の「特別参拝」が募集されます。

三徳山開山千三百年祭(平成18年~22年)の一環として、「国宝投入堂」の特別拝観がこの秋に行われます。
 普段は投入堂の近くまでしか行けないため、間近で見ることができませんが、このたび3名の方に限って特別に拝観することができます。

特別に投入堂の内部に参拝するのは命がけで、断崖絶壁を登らなくてはいけません。

冬は危ないので入山禁止

12月~3月までは入山禁止かー。入山出来ても1人じゃ駄目だって。滑落者が増えてるから。もー、投入堂に一緒に行ってくれる人ってそんなにおらんやろー。

国宝投入堂!ホントは近くまで行きたいけどこの時期入山禁止 instagr.am/p/UaZQtuTF3p/

中国にも似た建築物があったよ。

山西省大同市渾源県に位置する寺院です。北魏の491年(太和15年)に建造が始まったとされており、増築や再建を繰り返して現在の姿となっています。

1