1. まとめトップ

Macも大掃除!2012年の汚れを落として、3倍は快適な2013年を迎えよう!

みなさん大掃除してますか?家や仕事場の掃除だけではなく、たまにはPCも掃除をしてあげましょう。今まで遅かったのがウソのように快適になります。

更新日: 2012年12月28日

95 お気に入り 26693 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mad_ochiさん

Macを掃除しよう!

買った当初はさっくさくに動いていたMacも、ちょっと待ち時間が長くなってきたなぁ。
と思っていませんか、そこのあなた!

家と同じように、PCも掃除をしてあげないと快適さを保つことはできません。

1.不要なファイルを削除しよう

作業用に保存したファイルや、ダウンロードしたファイルなど、
ちりも積もれば山となるで、ゴミファイルがたくさんHDD上に残っていると
HDD自体の負担も増えて、動作速度は遅くなる傾向にあります。

まずは、特に大きいファイルなど無駄なファイルがスペースを取っていないかを調べましょう。

このアプリを利用すると、指定したHDDやフォルダなどを解析し、どのファイルがどれくらいの
容量(スペース)を使っているかをグラフとリストで表示してくれます。

このような感じでディスク上の専有割合もわかり、かつ無駄な容量を使っているファイルなやフォルダを調べることができます。

これでHDDを調査して、無駄なファイルを削除してあげましょう。

2.不要なアプリを削除しよう

AppStoreで見て、便利そうだな〜と思いインストールしたものの、1回起動した限りで
ぜんぜん使ってないや。ってアプリ、結構あるんじゃないでしょうか?

アプリは使わない限りどれだけいれていてもいいでしょうと思われるかもしれませんが、
システムがアプリを管理する機能や、アプリによっても見えない所で勝手に動いているものなど
様々なので、不要なものは削除してしまいましょう。

使い方はとっても簡単。

App Cleaner の画面を開き、削除したいアプリをドラッグ&ドロップするだけ。

関連するファイルや設定を自動的にリストアップしてくれます。

削除ボタンを押すと、根こそぎ削除!

3.自動起動するアプリを削除しよう

たくさんアプリをインストールしていると、パソコンの起動時に自動的に起動したり
動いたりなんかするアプリもちょいちょい目立ってきます。
これが以外に起動速度や、普段の快適さにも影響を及ぼしており、ものによっては
定期的にネットワークに負荷をかけたりしちゃいます。
こういったものはできるだけ排除していきましょう。

システム環境設定を起動し、「ユーザーとグループ」を開きます。

普段利用しているユーザーを選択し、「ログイン項目」タブを選択します。
すると、現在自動起動をしているアプリのリストが表示されます。

各アプリの左にある「隠す」チェックをONにすることで、
そのアプリが自動起動することを抑制することができます。

実は、メニューバーに表示されるアイコン以外にも起動しているアプリがいくつかあるのが
わかります。
こういったものは、一応ネットで調べた上で、特に必要がなければ「隠す」にしちゃいましょう。
一度隠した後に、再起動をして問題があれば、また同じ画面から「隠す」をOFFにして
あげましょう。

4.ついでにメニューバーも掃除しよう

メニューバーへは、どんどんアプリのアイコンが登録されていき、
だんだんとメニューバー全体を侵食していきますよね。

そんな時にはこのアプリ「バーテンダー」を導入しましょう。
本当は有料アプリなのですが、4週間お試しでインストールすることができます!

すっきりと、バーテンダーの中にアイコンを収納することができます!
どのアイコンをいれるか消すかなどは、個別に設定ができるので
めっちゃ便利です!

5.デスクトップも掃除しよう

作業をするときに、とりあえずデスクトップにファイルを置いておいて…
てな感じでだんだんファイルが溜まっていきますよね。

実は、デスクトップに大量にファイルがあることも、Macが遅くなる原因となります。
1年に1回ではなく定期的に掃除をするのが本当は良いですけどね。

Desktodayを使うと、自動的に日付のフォルダを作成し、そこへデスクトップのアイテムを
格納してくれます。
保存フォルダを選んでおいて、定期的に「Clear Desktop」をするだけで管理ができるので、
ズボラな人でも楽ちんです!

6.ディスクを修復しよう

1年間、酷使されたMacのディスクシステムは、所々節々が傷んできています。
細かい部分があちこちにという状況ですが、これが遅くなっていく主たる原因でもあります。

Macにはディスクシステムを修復する機能がありますので、それを使い
掃除をしてみましょう。

1 2