不動心 (新潮新書)

不動心 - 松井秀喜

新潮新書(2007)

メジャー移籍5年目、これまでの半生と日ごろの心構えを語った一冊。

どんな技術やパワーよりも、逆境に強い力、挫折を乗り越える力を持った選手になりたい―。左手首骨折という選手生命を脅かす大怪我から、見事な復活を遂げた松井秀喜。その陰には、マイナスをプラスに変える独自の思考法があった。コントロールできることとできないことを分ける、悔しさはあえて口に出さない、七割の失敗と上手に付き合う…等々、戦い続けるなかで身につけた松井流「心の構え」を初めて明かす。

この情報が含まれているまとめはこちら

「ゴジラ」松井秀喜、お疲れ様!引退後は作家に専念?これまでの著書まとめ

引退を発表した「ゴジラ」松井秀喜選手は、多くの「著書」を執筆しています。引退後は作家に専念のでしょうか?これまでの著書をまとめてみます。

このまとめを見る