信念を貫く (新潮新書)

信念を貫く - 松井秀喜

新潮新書(2010)

たび重なる故障、悲願の世界一、ヤンキースとの別れ…。困難に直面した時、迷いが生じた時、松井は何を考え、どう乗り越えたのか。ベストセラー「不動心」から3年、再び綴られた本音。

困難にぶつかったとき、迷いが生じたとき、松井はどう考え、どう乗り越えてきたか。愛するニューヨークを去る決断、ワールドシリーズMVPの伏線となった一球、チームの指示に反して手術を回避した理由…野球人生で初めて直面した長く苦しい時期から世界一への道程、さらに、新天地にかける思いを、初公開エピソードを織り交ぜながら綴る。常にぶれない強さを支えるその思考法とは―。

この情報が含まれているまとめはこちら

「ゴジラ」松井秀喜、お疲れ様!引退後は作家に専念?これまでの著書まとめ

引退を発表した「ゴジラ」松井秀喜選手は、多くの「著書」を執筆しています。引退後は作家に専念のでしょうか?これまでの著書をまとめてみます。

このまとめを見る