1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

世界のママに学ぶ。《子供部屋インテリアの選び方》テーマ別コツと実例

子供部屋インテリアは、ママの腕の見せどころ。センスある外国の子供部屋を参考に、誰もが満足できるオシャレな部屋作りを学びましょう。

更新日: 2016年02月23日

790 お気に入り 63298 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

《センスある子供部屋》インテリア選びの参考にご覧ください

アンパンマン、キティちゃん、ディズニーetc.
キャラクターグッズを並べるだけではありません!

「メインカラー」と「テーマ」を持たせることで、センスのある子供部屋が作れるのです。

赤ちゃんのために。 ベージュカラーの子供部屋

赤ちゃんの部屋には、真っ白なレースが似合う。

▼ポイント
赤ちゃんのいる部屋には、汚れが目立つ白をあえて選択するのがGOOD。

目に優しいベージュカラーを選べば、落ち着いた子供部屋に。

▼ポイント
組み合わせ自由なマットは、ハイハイ赤ちゃんの部屋に最適。肌触りのやわらかいものを選んであげて。

マシュマロみたい。 パステルカラーの子供部屋

白を基調としたお部屋なら、優しいパステルカラーを選択するのがGOOD。

▼ポイント
キッズルームにぴったりな子供用ミドルベッドは、下段が収納スペースになってお部屋が広く使える。

仲良し兄弟のお部屋は、優しい気持ちになれる 「キャンディーカラー」にするのがおすすめ。

▼ポイント
収納場所に困る「おもちゃ、本、ゲーム」は色ごとに分けて引出しの中にINすれば、お部屋がスッキリ見える。

北欧テイスト。 コーディネートを楽しむ子供部屋

落ち着いたローズカラーにすれば、ちょっぴり大人テイストに。ブラウンとの相性も抜群。

▼ポイント
ワントーン落とした色を選ぶことで、大きくなってもそのまま使える部屋になる。

テーマカラーは1つに限定しなくてもOK。

▼ポイント
カラフルなアイテム達も、パステルカラー&白色を基調にすれば統一感が出る。

幸せになれそう。 淡いピンクの子供部屋

おしとやかに育って欲しい女の子には、控えめな 淡いピンクがおすすめ。

▼ポイント
ブラウンなどの引き締めカラーを取り入れると、 甘くなり過ぎない部屋になる。

ピンク大好き!お部屋じゅうピンク色にできるのは、女の子だけの特権。

▼ポイント
他のカラーをバランスよくMIXすれば、上品な部屋になる。おすすめは、落ち着きのある緑色。

アーティスト風。 ビビッドカラーの子供部屋

鮮やかなカラーでも、使う色を制限することで統一感のある部屋になる。

▼ポイント
色に負けないくらいの「大きめ模様」にするのが おすすめ。

バービーになった気分♪になれる色の組み合わせ。

▼ポイント
ピンク、パープルの組み合わせで外国風の子供部屋になる。

空と大地の色。 ナチュラル感を重視した子供部屋

水色と緑色をテーマカラーにすれば、まるで自然のなかにいるような部屋になる。

▼ポイント
優しい色を使ってまとめた部屋には、真っ白よりもオフホワイトが似合う。

爽やかな風が吹いてきそうな部屋。

▼ポイント
たっぷりと光が差し込む部屋には、マリンテイストが似合う。ホワイトの配分を多めにすれば、さらに爽やか。

デザイン重視。 シンプルなのに個性を感じる子供部屋

大胆なドット柄でインパクトのある部屋になる。

▼ポイント
鮮やかなオレンジ色をアクセントに、センス良く。

幅の広いストライプで元気いっぱい。

▼ポイント
全体的なバランスを考えれば、無地のアイテムでも、統一感がでる。

ロマンティック。 お姫様気分になれる子供部屋

薄いパープルで統一した部屋は、女の子の憧れ。

▼ポイント
フリル使いのアイテムをプラスして、お姫様度を さらにUP。

オシャレな雑貨ショップのアイテムで統一した部屋。おすすめは、Francfranc(フランフラン)。

▼ポイント
暖色系で統一すれば、いろんな色が混ざっていてもOK。すっきりとした印象に。

1