1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【解散&空中分解】平成初期のアイドルたちが残した名曲

CDが売れない時代となった、日本音楽シーン。しかし平成初期は音楽シーンも活気があり、アイドルも豊作な時代だった。今は解散、空中分解、活動停止となったアイドルたちが残した名曲をご紹介。

更新日: 2017年11月16日

112 お気に入り 104742 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

メジャーデビュー曲。心突き刺すような歌詞と泣き叫ぶような声が、少女達が直面する苦悩より強く表現する曲。歌詞の文字量が多くメッセージ性が強いのも特徴。

2002年6月5日リリース。

3人とも踊ってボーカルも出来る実力派アイドル。10年以上前の楽曲だが、未だ古さを感じさせない名曲。今、東京女子流がカバーしている。

2000年2月23日リリース。

超ミニスカ制服&パンチラ等、過激な印象のある推定少女だが、POPでカワイイ楽曲もリリースしている。2人のユニゾンとささやくような歌声が、クセになる。歌唱力も、実はなかなか。

2005年1月19日リリース。

ダンスも然ることながら、3人とも4オクターブの声域を持っているだけあって、とにかく歌唱力の安定感があり、安心して聞ける。


2001/2/7リリース。

おちまさとプロデュースの3人組ユニットで、歌詞を先攻して制作するという「詞先」という手法で作られた楽曲。自分探しという壮大なテーマが、叫ぶような歌声とマッチしている。

恋をチョコレートに例えたティーンエイジャーの切なく弾ける気持ちを切なく歌ったポップナンバー。やはり推定少女は歌がうまい。

Folder5名義のファーストシングルで、イギリスの女性グループ「スーパーガール」の「My Name Is Supergirl」のカバー。メインボーカルAKINA以外のメンバーも歌うユニゾンがかわいらしいナンバー。

2000/5/10リリース。

大人でも子供でもない間で揺れる少女たちが自らの心に秘める“振動”を表現する。

桜っ子クラブに出演していたアイドルグループで、中谷美紀・菅野美穂・持田真樹などを排出。クレヨンしんちゃんの3期エンディングテーマになっている。

沖縄アクターズスクール出身の3人組。壮快感溢れるユーロビートは、当時のアイドルの中でも珍しい路線だった。リップクリームのCMソングに起用。

1997/11/12リリース。

オーディション番組「ASAYAN」から河村隆一がプロデュースでインデーズからデビュー。サビの柔らかなメロディと3人のユニゾンが心地よい。ロックのイメージが強い河村隆一が作曲を担当している。

1997/8/3リリース。

秋元康事務所協力のもと、結成された平成のおニャン子クラブ。関東ローカルアイドルだったが、制作関係者が森浩美 / D・A・I / 亀田誠治(元東京事変)と超豪華。♪卒業は新しい旅立ちだねーくまきりさんー。

現在は、シンガーや女優など個々の活動を行っているが、デビューは実力派アイドルだったFolder。幼少期の三浦大地は、幼き頃のMJを彷彿とさせる。ソウルフルで、突出した圧倒的歌唱力。

Folderからの派生ガールズユニット。女優満島ひかりの原点とも言える。「ONE PIECE」2代目オープニングテーマに起用されているアップチューンなナンバー。

2000/11/29リリース。

SPEEDのプロデューサー伊秩弘将が楽曲プロデュースを担当。speedお姉さん版アイドルとして、渋谷のコギャル的イメージで打ち出していた。普通の女の子ぽさを重視してボイトレは一切行っておらず、歌唱力がある意味すごい。

1998/8/5リリース。

バラエティ番組『THE夜もヒッパレ』に出演していた4人組の女性アイドルグループ。それぞれ、別グループに所属しているので、兼務になる。メンバーの入れ替えが多かったが、歌ダンスがうまい。

『ASAYAN』のオーディション出身で、楽曲提供はサンプラザ中野とパッパラー河合。ばかPUFFYをコンセプトとしてデビュー。爆風スランプの楽曲「大きな玉ねぎの下で 〜はるかなる想い」へのアンサーソング。

1999/01/27リリース。

『ASAYAN』で行われた、芸能経験の有る女性を対象にしたオーディションから選出された。元大阪パフォーマンスドールや民謡小湊流家元などの経歴を持つ実力派ぞろいだった。

1999/4/21リリース

デビューシングルで、安室奈美恵が出演していた「たかの友梨ビューティークリニック」のCMソング。以降OLIVIAがセンターとなるが、まだOLIVIAがセンターではない、貴重な楽曲。

1996/8/21リリース。

チェキッ娘のファーストシングルで、作詞・作曲: Я・Kとは、河村隆一のこと。甘酸っぱい片思いを描いた青春ナンバー。

弾けるようなフレッシュさと疾走感が眩しいナンバー。当時、テレビ東京系列「ASAYAN」のエンディングテーマで、いまは東京女子流がカバーしている名曲。

★おすすめ★【小室哲哉】今だから振り返る小室サウンドの名曲たち

1