1. まとめトップ

GoogleであなたのDNAを解析できます。お値段は100ドル(8500円)から。

まず最初に断っておかなければいけないのは現時点で日本はサービス対象外だということだ。サービスを受けるためには唾液採取・送付のためのキットを購入する必要があるのだが、そのキットは日本向けには販売されていない。

更新日: 2013年01月12日

115 お気に入り 28357 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shun.skyさん

DNA検査って?

興味シンシンだけど、ちょっと怖い感じもします。 こういう系の検査って、めちゃめちゃ高いから普通はスルーしがちですよね...。ただ、100ドル(約8500円)~300ドル(約2万5500円)だったらどうです?

で、100ドルで何が明らかになるかというと? あなたがガンで死ぬ可能性、アルツハイマーや糖尿病になる確率といった病気から、耳垢のタイプ、口臭についてなどなど、まさにあなたの完全なDNAの故障についての情報を知ることができるんです。

2008年頃より、GoogleはDNA解析に出資していた。

Googleは10万人のDNAを解析することでさまざまな病気の原因を突き止めようとするハーバード大学の科学者グループの研究を財政的に支援することを決定した。

マイクロソフトが昨年この分野へ進出していますが、果たしてうまくいっているのでしょうか?

そして、2012年12月11日。

自分のDNAの秘密を解読するための値段が、クリスマスのプレゼントの範囲にまで下がった。グーグル等が出資する23andMe社が12月11日(米国時間)、新たな大型投資により、個人の遺伝子のスキャンを99ドルで提供できるようになったと発表したのだ。

23andMeは、Googleの創業者セルゲイ・ブリン(Sergey Brin)の彼女が設立した会社だということも、通常のこういった検査よりも安い値段設定になっている理由のようです。また、安いからと言って内容がいい加減ということはないそうですよ。

何を調べてくれるの?

23andMe社が提供するスキャンのサーヴィスは、約30億の塩基対からなる個人のゲノムをすべて突き止めるわけではない。既存研究によって、特定の健康上のリスクや身体的特性の原因となる遺伝的変異の位置だとわかっているDNAの部分に沿って、100万カ所だけを分析する。

気になる方法は?

まず最初に断っておかなければいけないのは現時点で日本はサービス対象外だということだ。サービスを受けるためには唾液採取・送付のためのキットを購入する必要があるのだが、そのキットは日本向けには販売されていない。

23andMeのWebサイトでサービスを購入すると、数日の内に遺伝子検査用のキットが届きます。利用者はこのキットに付いている容器に検査サンプルとなる唾液を入れ、23andMeに送り返すだけです。アメリカ国内だけでなく、海外からも利用することができます。

4週間から6週間後、利用者は23andMe解析結果をWebやスマートフォンで見ることができます。

他人のを間違えて送るのだけは勘弁してほしいですね。

”一部の顧客の試料が弊社と弊社の提携研究機関によって検査時に不正に処理された”と発表した。そしてそれによって”最大で96名の顧客”が、自分のものではないDNAデータを受け取った。…顧客を困惑させる大きなミスだし、このような、消費者と直接接する遺伝子検査企業に対する規制が強化されるかもしれない。23andMeは該当する顧客全員に通知を送った。

1