1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

スランプ脱出!仕事に行き詰まりを感じている人が試してみたいこと

どうも最近不調でスランプかも・・・そんな時でも打つ手はあります。仕事に行き詰まりを感じている人が試してみたいことをまとめます。

更新日: 2013年08月31日

1264 お気に入り 83230 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

randoseruさん

【1】 物事が上手くいかなければ、早寝早起きする

早起きして、仕事の段取りを考えると、出社までにやらなくてはならないから、短い時間に集中できる

早寝早起きは、健康に良い影響を及ぼす

人間の質の良い睡眠時間は22時から2時までと科学的に判明していますから、その時間を過ぎて夜中や朝方に睡眠しても効率よく寝る事が出来ないので、必然と疲れが溜まって行きます

【2】 嫌だな・難しいなと思ったら、細切れにして取り掛かる

とても小さな計画だよと、辺縁系を騙さなければならない

壮大な計画であるほど、脳の辺縁系の恐怖は大きくなる

【3】 記憶力が落ちてきたと思ったら、多くの感覚器官を使う

つまり、目・鼻・口・耳・触覚の5つの器官です

オハイオ州立大学の報告によると、目で見て声を出しながら記憶すると、記憶力が34%も増加するという

感覚器官を多く使うほど、脳の多くの回路を使用するため記憶に残りやすくなる。できるだけ多くの感覚器官を使用して記憶する

脳への入力強度を増すことにより、記憶力の低下を補う

単に目で読むよりも、耳やのどの筋肉など、より多くの感覚器官を使った方が脳への入力強度が増すため、海馬が「きっと重要な記憶に違いない」と認識してくれます

【4】 混乱していると思ったら、情報・知識の整理整頓をする

捨てるべきものは捨て、後で使いやすいように分類したり体系付けたうえで(整理した上で)、それにしたがってきちんと並べたり片付けたりせよ(整頓せよ)ということ

知識や情報を体系化し、実践に使えるようにする

頭の中では、バラバラで、その意味や、理論体系がわからず、有機的に結びついていない、知識レベルにある知識や情報を体系化し、整理整頓し、その意味付けや、理論体系を示し、それらの知識や情報を「実行レベル」にする

1