1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

聞き手を引き込むプレゼン7つのコツ

1.説明が退屈だと提案まるごとツマラナイもの扱いされる
2.まずは問題を整理し マイナスの共感を誘導
3.その後で理想型をバーンと言い切る
4.次に実現に当たっての課題を示す
5.課題として出した項目を分解する
6.そして課題を乗り越える一手(=提案)を示す
7.聞き手が欲しいのは「話の根拠」と「説得力」

プレゼン初心者向け3つのコツ

1.観客は「未熟なプレゼン」には寛大だが、「何を伝えたいのか分からないプレゼン」には厳しい
2.「自分が伝いたいポイント」を意識して、それを伝えることにだけ注力する
3.スライドの文字は極力少なくし、観客の注意は自分の方に引きつける

プレゼン初心者が緊張しない3つのコツ

1.うまく話そうとしてはいけない
2.相手に気に入られようとしてはいけない
3.一語一句まで正確に話そうとしてはいけない

プレゼンをうまく行う7つのコツ

1.緊張しないための第一歩は、繰り返し練習をすること
2.ユーモアを入れる
3.最初にアウトライン(全体像)を示す
4.徹底的に捨てて、分かりやすく
5.機能ではなく、相手のメリットを意識する
6.人前で話すことは怖いと自覚する
7.最後にまとめを入れる

プレゼン上達の4つのポイント

1.適切なゴール設定(聞き手にしてほしいことを明確に)
2.適切なコンテンツ(わかりやすい表現、論理的、シンプル)
3.適切な状況判断(聞き手が何を聞きたいのか察する)
4.適切なデリバリー(聞き手をその気にさせる)

上手いプレゼンターが使っているテクニック

1.聞き手の反応を見る
2.縦に動く(左右に動かれると、その動きは落ちつかないと判断される。上手い講師は受講生の座席の列に、縦に入ってくる。)
3.話の弱を使う(強弱」の弱は、聞き手に共感と同意を得やすく、弱で「ですよね?」と言われると、人は「うん」とうなづいてしまう)

プレゼン中に居眠りさせないための10のコツ

1.何らかの応答が返ってくるような質問を投げかける
2.質問に対して、挙手での応答を求める
3.聴衆にイメージを与える
4.聴衆自らに何らかのイメージを思い描いてもらう
5.聴衆同士で意見を交換する時間を設ける
6.ゲームや運動をしてもらう
7.単語やフレーズを繰り返す
8.キーポイントを聴衆みんなに口に出してもらう
9.「クイズ」を出す
10.質問を奨励する

Steve Jobs氏のプレゼンテーション

2007年1月、ジョブズ氏はiPhoneを紹介するプレゼンテーションを行ったが、これはおそらく彼の最高のプレゼンテーションだ。この講演では、彼やその他の、人を奮い立たせることのできるリーダーが使う、聴衆を引き込むテクニックが示されている。

1. 冒頭で注意を引く
2. 経緯を報告し、これから発表される新製品やサービスへの期待を高め、聴衆がワクワクするように仕掛ける
3. その日のプレゼン全体がどのような流れになるか、そのロードマップを描く
4. 敵役の登場
5. ヒーローの登場
6. デモ
7. 多角的にアピールする
8. 目標と数字の提示
9. プレゼンを効果的に締めくくる

関連リンク

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

Gavi_labさん

初心者ですが、ゆるゆるとまとめていきまーす。

このまとめに参加する