1. まとめトップ

30分で出来る初代PS3のHDD交換(20GB→1000GB)

初代PS3のHDDを交換しました。

更新日: 2013年01月01日

114 お気に入り 272130 view
お気に入り追加

初代PS3のHDDがついに異音を・・・

我が家で現役稼働している初期型PS3(型番:CECHB)20GBモデルですが、ついに動作不良を起こす様になってしまいました。どうも、HDDの特定のセクタが読み出せないようで、HDDからはチュイーーーンという異音がしています・・・
5稼働開始から5年が経過し、買い替えの時期ではあるのですが、最後に一回遊んで見ることにしました。
HDDを現行の20GBから1000GB(1TB)に交換します。
SSDも検討したのですが、速度はそれほど変わらない(20%程度のスピードアップでいい方)ようだったので、大容量のHDDにしました。

準備するもの

必要なものはこれだけ。

【ドライバー(プラス、マイナス)】
100円ショップで購入できるもので大丈夫です。

【新しいHDD】
タイトルでは「1TB」となっていますが、2.5inchのHDDであればなんでも構いません。

【PS3(初代20GB)】
今回は初代20GBモデル(CECHB)でしたが、初代60GBモデル(CECHA)でも手順は同じです。
※それ以降のモデルになると、ファームウェアをアップデートする必要が出てきます。

【USBメモリ】
現在の20GBHDDに格納されているデータをバックアップするために利用します。
16GB程度で大丈夫です。今回は、HDDに19.5GB程度のデータがあり、実際にバックアップされたデータの容量は3.7GBでした。1TBHDDに換装後、現在のデータは特に必要ない場合は、バックアップを取る必要はありません。
バックアップには、10分~30分程度の時間がかかるようです。

【30分程度の時間】
HDD換装に慣れた人であれば、10分程度で終わります。

手順 1 バックアップ

1、バックアップ用のUSBメモリは、PS3前面のUSBポートに挿しておいてください。
2、バックアップは、PS3の起動後、次のメニューから行います。

設定(左から2番目) → 本体設定 → バックアップユーティリティー
「バックアップ」を選択します。

3、バックアップ先の選択画面が表示されるので、保存先としてUSBメモリを選択します。
※バックアップの保存には、10分~30分程度かかります。

バックアップが完了したら、PS3をシャットダウンし、USBメモリを抜きます。
その他、接続されている端子(電源、HDMI端子等)については、すべて抜いてください。

※※※ 注意 ※※※
インターネットに接続していない場合、バックアップ先の選択画面前に次のような確認が表示されます。
----- PS3 --------------------
この操作では、「この操作では、トロフィーをバックアップできません。
バックアップを続けますか?
-------------------------------
トロフィーがバックアップした場合、インターネットに接続し、トロフィーコレクションをサーバにアップロードしておく必要があります。
この画面は、常にインターネットに接続されている場合は表示されません。

手順 2 20GB HDDの取り外し

初代PS3のHDDカバーです。
※赤丸は、取り外し用の切欠き部分。

PS3の向かって左側にHDDにアクセスするためのカバーがあります。
カバーの右側に切欠きがあるので、ここにマイナスドライバーを入れ、カバーを取り外してください。マイナスドライバーに、ティッシュ等をかませて取り外した方が、傷がつかなくて良いです。

初代PS3のHDDカバーの取り外しです。
マイナスドライバーに、ティッシュ等をかぶせてから取り外すことで、本体につく傷を最小限にできます。

カバーを取り外すと、青いネジ、引き抜き用の金具が見えます。
青いネジをプラスドライバーで取り外してください。

※※※ 注意 ※※※
PS3全体に言えることですが、ネジに使われている金属が「柔らかい」です。
すぐにネジ山をなめてしまいます。ネジを外す際には、プラスドライバーをしっかりと奥まで押し込み、ゆっくりと回してください。

HDD引き抜きです。
引き抜き用の金具を赤矢印方向(右側)へ引っ張ります。

青いネジを外したら、引き抜き用の金具(画像中央のコの字型の金具)を持って、HDD本体を右側へ引っ張ります。
HDDの端子が本体から外れますので、そのまま上方向に引っ張り上げてください。
HDDは、PS3用のマウントとネジで固定されています。
側面の4本のネジを外し、マウントからHDDを外してください。

以上で、20GBHDDの取り外しは完了です。

手順 3 1000GB HDDの取り付け

取り外したマウントへ、新しい1000GBHDDを取り付けます。
新しいHDDの取り付けは、20GBHDDの取り外しと逆の手順で行います。

1、マウントへ20GBHDDが取り付けられていたのと同じ方向に、新しいHDDを取り付けてください。
2、マウントとHDDを4本のネジで固定します。
3、PS3本体へHDDを挿入し、しっかりと左側へ押し込みます。
4、青いネジで固定します。
5、HDDカバーを取り付けます。

以上で、1000GBHDDの取り付けは完了です。

手順 4 起動・リストア(バックアップの復元)

PS3を元通り設置した後、外していた端子、バックアップを保存したUSBメモリを取り付けます。
初回の起動時には、HDDをフォーマットするか確認されますので、フォーマットを行います。

PS3 HDD交換後のフォーマットです。

フォーマットについての確認をされた後、「本体ストレージ内のすべてのデータを削除します。」と再確認されますが、交換したばかりのHDDですので、何も保存されていません。
フォーマットを行います。

フォーマットの完了後には、容量の確認を行います。
1、HDDの容量は、次のメニューから確認可能です。

設定→本体設定→本体情報

2、画像のように、空き容量が表示されます。
※システム領域等で一部データが保存され、1000GBすべてが利用できるわけではありません。

次に、リストア(バックアップの復元)を行います。
1、リストアは次のメニューから実行可能です。

設定(左から2番目) → 本体設定 → バックアップユーティリティー
「リストア(復元)」を選択します。

2、バックアップファイルの保存元の選択画面が表示されるので、USBメモリを選択します。
3、リストアが開始されます。
リストアには、10分~30分程度かかります。

リストアの完了後、再起動を行うと、HDDの交換は完了です。

バックアップの開始から、リストアの完了まで、実働時間で約30分程度で完了すると思います。
バックアップが必要なく、パソコンの組立て等に慣れた人であれば10分程度の作業になるかと思います。

1





羽ばたく鴨さん