1. まとめトップ

孤独と向かい合ったことある!? 自立するために孤独は避けられない!!

自立へ向かう人を応援するためのまとめ。

更新日: 2013年01月01日

160 お気に入り 34822 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

southpawshunさん

若い人の孤独は深刻!?

特に若い人の孤独は、深刻だと言えます。歳を重ねると、孤独でなくなるわけではありませんが、孤独が当たり前のこととなり、それが特に重要な問題ではなくなるのです。ところが、若い人は、そうも行きません。突然、心のなかに住みつくようになった孤独を、当たり前のこととして、すぐには受け入れることができないのです。

「一人で存在している自分」「他者とは異なる自分」に気づくとともに、深い孤独感に襲われるのです。

孤独を打ち消すための依存

「他者とは異なる自分」への気づきは、若い人にとって貴重な体験です。それは自立へと向かう、きっかけになるのです。ところが、残念なことに多くの人は、自立へと向かわずに、自立とは逆の依存へと向かってしまいます。身近な誰かと一体化することで、孤独を打ち消そうとするのです。

毎日会いたい、いつでも一緒にいたい、自分だけの「もの」にしたい、という気持ちは、まさに依存の表れだと言えます。その願望は一時的に満たされたとしても、けっして長続きしません。なぜならば、相手は自分と異なる存在であり、自分とは別の人格だからです。

依存から自立へ

依存対象の喪失であり、依存対象が恋人の場合には、失恋が自立へと向かうチャンスになるのです。ところが、失恋をきっかけに別の依存対象を見つけてしまい、同じことを繰り返す人もめずらしくありません。この道筋は、確実に自立に到達するとは言えないのです。

依存状態の自分に疑問を抱くことです。自分を犠牲にして相手に合わせるのではなく、自分の夢を実現したいと思うことであり、この道筋の方が確実に、自立へと向かうことができるでしょう。

孤独に弱いままでは、夢を実現することができません。それぞれが孤独を引き受け、夢の実現に向けて努力することが、互いの人格を尊重し合える、よりよい人間関係を可能にするのです。

孤独と上手く付き合う方法

孤独感を減らすものは、恋人の有無などの「環境」ではありません。「自分次第」なのです。

人は孤独だからこそ、人と分かり合えたとき、嬉しくなったり、人の温かさに触れたとき、幸せを感じたりするのではないでしょうか?
だからこそ、孤独な環境から少しでも抜け出したいなら、人と分かり合えるように、人に温かさを求めるだけではなく、与えられるように、まずは自分が変わることが大切なのです。

誰もがみんな、1人では生きられません。
色々な人の支えがあるからこそ、生きていけるのです。
まずは、周りの人たちに感謝の気持ちを持つだけでも、自分が独りぼっちではないことを理解できるでしょう。

孤独の格言

一人で行く人は今すぐにでも出発できるが、他人と一緒に旅する人は他人が準備するまで待たなければならない。

by ソロー

都会の暮らし――何百万人もの人々がいるのに、みな孤独。

by ソロー

他者を知ることは知恵。自分を知ることは悟り。

by 老子

孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。いずれにせよ、人格が磨かれる。

by ニーチェ

最も不幸なこと――それは一人でいられないこと。

by ラ・ブリュイエール

また一人になった。人は一人にいることに慣れる。
でも一日でも他の人と過ごすと、また一人でいることに慣れなければならない。

by リチャード・バック

どこにも人を引きつける所を持たないことを自覚している人間は、
それについてくよくよとあせるより、自然のままで一人で生きているほうが賢明である。

by 河盛好蔵

▼ おすすめリンク ▼

1