ダイナー

ダイナー

大藪春彦賞・日本冒険小説協会大賞
【内容紹介】
ほんの出来心から携帯闇サイトのバイトに手を出したオオバカナコは、凄惨な拷問に遭遇したあげく、会員制のダイナーに使い捨てのウェイトレスとして売られてしまう。

そこは、プロの殺し屋たちが束の間の憩いを求めて集う食堂だった―ある日突然落ちた、奈落でのお話。

【見所】
殺し屋専門の食堂に集まる殺し屋たちの造形が秀逸で、ワクワクさせられます。子供を殺しやすくするために自身を子供の容姿に整形した殺し屋”キッド”、ダマスカス鋼の爪を持つ女殺し屋”炎尾”、設定だけでわくわくするキャラばかり。平山夢明氏のグロテスクでユーモラスな筆致も最高です。

この情報が含まれているまとめはこちら

読まなきゃ損!寝食を忘れるほど面白い小説10選

せっかく時間のとれる正月休み。読書をして有意義に過ごしたいもの。ただ、出版されている本が多すぎて結局何を読んだらいいかわからなくなってしまいますよね。そこで、多くの読書家が絶賛する、10冊の徹夜するほど面白い小説をご紹介いたします。

このまとめを見る