暴力を全面に出しながらも、鮫島と台湾刑事・郭、毒猿とホステスなどの人間的つながりもしっかり描かれており、人間の業の悲しさが全編に漂う切ないハードボイルド

出典早トチリ感想文BOOKS:新宿鮫�毒猿 (小説:大沢在昌)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

読まなきゃ損!寝食を忘れるほど面白い小説10選

せっかく時間のとれる正月休み。読書をして有意義に過ごしたいもの。ただ、出版されている本が多すぎて結局何を読んだらいいかわからなくなってしまいますよね。そこで、多くの読書家が絶賛する、10冊の徹夜するほど面白い小説をご紹介いたします。

このまとめを見る