一巻は新興宗教とマジック、二巻はアフリカの呪術、三巻は大スペクタル?ミステリー?と大まかにテーマが分かれ、ティストも変えながら一気読みさせます。とにかく面白かった。エンターティメント十分ながら、その背景には膨大な下調べがあることを思わせます。

出典Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: ガダラの豚 1 (集英社文庫)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

読まなきゃ損!寝食を忘れるほど面白い小説10選

せっかく時間のとれる正月休み。読書をして有意義に過ごしたいもの。ただ、出版されている本が多すぎて結局何を読んだらいいかわからなくなってしまいますよね。そこで、多くの読書家が絶賛する、10冊の徹夜するほど面白い小説をご紹介いたします。

このまとめを見る