1. まとめトップ

海外の人気ファッションブログに学ぶ、見せるブログづくり

海外のファッションブログは写真のクオリティが高く、見ていて楽しいブログが多いです。今回は人気ブログに共通する見せ方についてまとめました。

更新日: 2015年02月17日

211 お気に入り 36395 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

くまもちさん

▼ ブログ選び

使用しているブログは「Blogger」が多い。Wordpressも人気

海外の人気ブログ(ファッション・インテリア)を見ていると「Blogger」を使用しているブログが非常に多かったです。Wordpressで作成されているブログもありましたが、WEBの知識が必要なので、「Blogger」が始めやすいと思います。

Blogger
http://www.blogger.com/start?hl=ja

クリボウの Blogger 入門
http://blogger.kuribo.info

Atlantic-Pacific
http://atlantic-pacific.blogspot.jp

洗練されたコーディネートが素敵なファッションブログです。ファッション写真をしっかり見せることに集中しています。自然なポージングや写真の撮り方など、とても参考になります。

Late Afternoon
http://www.lateafternoonblog.com

写真のクオリティが高く、画像サイズも見やすいです。文字周りは余白をしっかりと取っています。

▼ サイトの基本デザイン

2カラム構成が多い

【左】写真・文章
【右】メニュー・広告・SNSリンク
※逆の場合もありますが、左に写真を配置しているサイトが多いです

日本のブログは3カラム構成で、コンテンツ領域(写真・文)をセンターに配置しているタイプが多いです。コンテンツをしっかりと見せたい場合は、2カラムで横幅をしっかり確保しておくのも良さそうです。

コンテンツスペース(写真・文章)を広く確保している

ファッションブログなので、読者の方は写真をメインに見ています。広告やメニューなどに圧迫されてないようにしっかりとスペースを確保しておきたいです。

背景色は白が多い

色を多様すると写真や文章が見づらくなります。ほとんどのブログは背景色が白でした。

Luscious: myLusciousLife.com
http://mylusciouslife.com

こちらのブログのように、コンテンツスペースの背景は白にして、ブログ全体の背景に色や画像を設定する場合も多いです。

色は多様せず、色数をしぼる。ブログのイメージカラーを設定する

海外の人気ファッションブログは、ロゴや文字、リンク、SNSボタンなどのカラーイメージが統一されています。色を絞ることで写真が引き立ち、ブログと色が結びつきやすくなります。スターバックスは「緑」、ユニクロは「赤」のように、ブログにもイメージカラーを設定しておきたいです。

ページ上部に目立つようにロゴを設置する。
できればロゴ付近に広告を設置しない

サイトに訪れた時のファーストビューは非常に重要です。日本のサイトの場合、左にロゴ、右にバナー(728×90)を設置することが多いですが、ファッションブログの場合は世界観が大切なので、ロゴ付近の広告設置は避けたいです。

ブログをイメージするフォントやカラーでロゴを作成・設置し、その下にナビゲーションを配置することが多いです。

最新の投稿写真がファーストビューで大きく見えるようにする

ブログを開いたとき、コーディネート写真が見えていることが大事です。初めて訪れた人はファーストビューで好みのブログか判断します。スクロールして見てみようという人はあまり多くないと思います。リピーターの人は、ファーストビューで更新がされているか判断します。そのため、一番上に表示される写真は見やすく、常に更新されて変化しているのが良いと思います。

日本のブログの場合、ページ上部に大きな固定画像が表示され、少しスクロールしないと最新記事がわからない場合が多いです。

▼ 写真・文章について

自分撮りではなく、きちんと撮影された写真が多い

人気ブログのほとんどが写真のクオリティが高かったです。特に鏡や上から自分撮りした写真はほとんど見かけませんでした。同じコーディネートでもポーズやシチュエーションを変えたり、ポイントとなる部分をアップで撮影するなど、写真の種類も豊富です。

撮影場所やポーズもつけて、全身撮影。ポーズは過剰すぎないように。コーヒーなどの小物があると、ポーズが取りやすそうです。

Atlantic-Pacific
http://atlantic-pacific.blogspot.jp

アクセサリーや服の質感がわかるように、よって撮影。SNSや画像共有サービスでは、ディティール写真がシェアされることも多いです。

Atlantic-Pacific
http://atlantic-pacific.blogspot.jp

一つのコーディネートで3枚〜6枚の写真を掲載している

全身ショットだけでなく、アイテムによった写真やシチュエーションやポーズを変えて(座ったり、上着を羽織ったり)変化をつけています。たくさん撮影すると数多く載せたくなりますが、厳選した写真のみを掲載するのが良さそうです。

コーディネートを中心に見せたい場合は、文章を書きすぎない

読者の方との交流をメインとしたブログの場合は別ですが、海外のファッションブログに日記的要素は少ないです。あくまでもファッションを見てもらうことに中心に考え、文章は最小限に抑えています。ただコーディネートのタイトルや着用アイテムの情報などは掲載しておくと良さそうです。

▼ SNS・画像共有サービスを活用する

ソーシャルメディアでシェアしてもらうために、ボタンを設置しておく

facebook・twitter・pinterest・Tumblr・Google+ のボタンを設置している場合が多いです。特に海外ではpinterestからの流入が増えているようです。日本での普及はまだまだですが、海外の人に見てもらいたい場合はぜひ設置しておきたいです。

【BLOGOS】pinterest 参考記事
http://blogos.com/news/pinterest/?g=web

facebook・twitter・pinterest・Tumblr・instagramを活用する

ブログとは別にSNSでページを開設している場合が多いです。一人でも多くの人の目に止まる機会をつくっています。特にpinterest・Tumblr・instagramなど画像共有に特化したサービスはよく利用されています。

▼ 世界観づくりと広告

読者は購入したいのではなく、着こなし方や世界観を楽しんでいる

どんなアイテムを着ているかよりも、ブロガーが作る世界観や着こなしの個性が重視されているようです。奇抜なアイテムではなく、普段づかいのアイテム同士を上手く組み合わせたり、こんな着こなし試してみたいなと思わせる場合が多いです。

日本の場合は通販への導線が設置されていることが多いですが、海外のファッションブログはあくまでもコーディネートを見せることに集中している場合が多いです。

広告収入は「スポンサー広告」「Google AdSense」が多い

ブログ内でスポンサー広告に募り、ブログイメージと合う広告が掲載されているケースが多かったです。「Blogger」を使用している場合、Google AdSenseを利用しやすいです。

1 2