1. まとめトップ

【DTM】フューチャーポップの可能性を追求し続けたimoutoid【早熟の天才】

フューチャーポップミュージックの未来を突き進んでいた平成世代の天才そして鬼才と呼ばれたアーティストであるimoutoid。今一度その音楽に触れてみたい。

更新日: 2013年01月04日

30 お気に入り 21563 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aipdonさん

imoutoid(イモウトイド、1991年1月15日 - 2009年4月)は、日本の音楽家。インターネット上での作品発表を中心に活動を行っていた。チップチューン、アニメソングのリミックス、SuperColliderのプログラミングを得意とした。

まずはこれを聴いてほしい

16歳の時の作品

幼少期から作曲をし、そのクオリティーに周囲は驚愕

僕がブログを始めた頃に「ファミコン宇宙人」というサイトがあって、その斜め上の発想、文章構成の安定感からてっきり20代中盤かと思いこんでいた管理人がのちのimoutoidだなんて、その時は知る由もなかった。なんと当時彼は中学生。Yamato Yoshioka 名義で「Kamikaze」という信じられないクオリティの楽曲を送り出していたんだ。
その後、僕の周りの音楽業界でもその噂は広まり、作曲のクオリティだけでなくプロのエンジニアとしてもすぐにでも最前線で活躍できる音使いの天才がいるとよく話題に上がっていた。

しかし惜しくも2009年4月末、心不全により急逝

業界のアーティストもその才能を惜しんだ

誰にも真似出来ないイマジネーション豊かな楽曲に加え、 ツインドラムを従えたアグレッシブなバンドアンサンブルから 大胆にエディットし直されたダンスセットまで、ライブスタイルも独創的でエネルギーに溢れている。 音源、パフォーマンス共に国内外問わず多数のアーティストやクリエイター達から強力に支持され、 ファッション、ゲーム、グラフィック等、あらゆるジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。

YUKIやももクロのリミックス等を手掛ける同世代のトラックメイカー

遺作となったimoutoid’s “Finder Is Not Desktop Experience Remix -

『Re:MIKUS』(リ・ミクス)は、日本のユニットlivetuneが「livetune feat.初音ミク」として、2009年3月25日にビクターエンタテインメントからリリースしたリミックスアルバム。

キャッチコピーは「奇跡の連鎖…表現は加速し未知の世界へ。」

今も絶えず支持する人々

imoutoid聴きながらノリノリでPlanetside2してたら疲れた。 あの方の曲はいい意味で病気になるわ。 ひゃっほーーーーーーーーー

確かに14才で天才って言ったらimoutoidしか印象無い

現在、ズーシミの新たな1ページに imoutoid というアーティストが刻まれている なう。

imoutoid名義オンリー作業用BGM (66:17) #sm13901409 nico.ms/sm13901409 知った時に、すでにこの世にいないというのは、なんとも切ないものだ。・・・神様は欲しがり屋さんだからなあ。

ヨシオカヤマトは生きてたら、そりゃぁ今の時代を牽引する凄いDTMerになってただろう。 ファミコン宇宙人を名乗ってたり imoutoidを名乗ってたりしたけど 彼は彼だったんだ あの時代は彼が輝いていたんだ 残した音はけして多くなかったけど一つ一つ今でも輝いてる

いつまでたってもimoutoidさんのファインダーは心が震える

曲聴いて感動して作った人が同じ位の歳だと知ると戦慄するね imoutoidとか

関連リンク

1 2