1. まとめトップ

落語家の春風亭小朝と泰葉 泥沼だった2人の憎愛20年

春風亭小朝と泰葉「金髪豚野郎」発言の真相 それまでの事情や離婚後の2人の憎愛20年様子などまとめてみました

更新日: 2019年07月10日

4 お気に入り 1757503 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

giganyankoさん

2007年 泰葉 春風亭小朝に「金髪豚野郎」

11月に落語家の春風亭小朝(53)と離婚したタレントの泰葉(47)が

自身のブログでなぜかキレまくっている

先日も、母・海老名香葉子さんに「勘当された」ことを告白したばかりだが

今度は元夫の小朝を"金髪豚野郎"よばわり

2007年11月に帝国ホテルの宴会場で小朝と離婚という形で記者会見を開いた

記者会見で久々に公の前に姿を見せることになった

この会見では結婚など目出度い時に使う金屏風を会見場に立てており

仕来りに反すると同時に芸能界でも前例のないパフォーマンス・演出により

一躍ワイドショーで格好の話題を提供することになった

慰謝料は1億5千万円で、泰葉は「安い」と不平を漏らしている

これを機にアイアン・キャンドルを立ち上げるなど芸能界へ本格復帰

アメブロ上に公式ブログを開設した

2008年に夫婦生活や離婚の経緯などを綴った著書『開運離婚』を出版

この離婚会見、場所は東京日比谷の帝国ホテル

バックには派手な金屏風

服装はエルメスのスカーフをビスチェ風に巻いたノースリーブ

異例の会見となった

だがこれには理由があり

元夫・春風亭小朝は、泰葉の母・海老名香葉子のことを

20年間「ゲロ」と呼んでいたのだという

「私を生んでくれた人をなぜゲロという

私の心の中にたまった20年分のゲロは会見の金屏風となり

ピースサインとなって吹き出したという

泰葉の発言に関係者は

同意見の者も

小朝に人望がないのは落語業界では特に有名であった

実力はあるのだが、天狗になって独断専行の性格であったためだ

1 2 3 4