1. まとめトップ

松井秀喜が学生時代に通った【金沢カレー】お店を特定しますた

本格インドカレーとは違う。いわゆる日本式のカレーとも違う。首都圏にも進出している「金沢カレー」って何?に答えるまとめ。引退を表明した松井秀喜も金沢カレーを食べて育った!?

更新日: 2013年01月20日

5 お気に入り 9867 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mzgohanさん

金沢カレー

金沢カレー(かなざわカレー)とは、主に金沢市を中心とする石川県のカレーライス店で供される独自の特徴を持ったカレーライスを言う。

特徴
・ルーは濃厚でドロッとしている。
・付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
・ステンレスの皿に盛られている。
・フォークまたは先割れスプーンで食べる。
・ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。
・ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける。
なお、すべての店舗が上記の特徴を満たしているわけではない。

『秘密のケンミンSHOW』のウソ!?

2010年6月3日放送の日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW』において、チャンピオンカレーが金沢カレーとして紹介され、(中略)スパイスの効いたカレーとキャベツを混ぜながらフォークで食べるスタイルが取り上げられた。しかし、地元石川県ではキャベツをカレーに混ぜて食べるという作法や習慣はなく、混ぜない人が圧倒的に多い。

石川県出身ですが、混ぜて食べません!別々に食べます!

代表的な「金沢カレー」の店

松井秀喜が大好き!「ゴーゴーカレー」

店名のゴーゴーは、当時の背番号55から取ったものである。

代表の宮森自身が松井秀喜の大ファンであることを公言しており、プライベートどころか仕事に関する場の大半でも松井が所属するチームのユニフォームを着用し、移籍の度に変えている。

店員の制服も松井が当初所属していたニューヨークヤンキースのユニフォームを模したものとなっている。

しかし、松井が学生時代食べていたのは「アルバ」!

第74回全国高校野球選手権大会2回戦の星稜vs明徳義塾で、星稜高校の4番バッターの松井秀喜が、5打席連続敬遠

北國新聞2007年2月23日掲載の「ゴジラ通信」によれば、(中略)松井秀喜が高校時代にゴーゴーカレーに通っていたという誤解がインターネットを通じて広まっているが、当時はまだゴーゴーカレーは設立されておらず、よく食べていたのは、星稜高校近くにあるカレーの市民アルバ・鳴和店のカレーである

松井が愛したアルバはここで食べられる!

アルバが生まれた北陸の街「小松」

1 2