1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Gavi_labさん

カリウムを多く含む食品

むくみに効くカリウムを多く含む食品にはさつまいも、ほうれん草、豆類、ナッツ、玄米、キャベツ、海草、バナナ、キウイ、プルーン、ひじき、切り干し大根、干しシイタケなどがあります。

高タンパク食品

動で筋肉を刺激した後で、高タンパク質を取ると新しい筋肉が作られやすくなります。その結果、効率よく筋肉量を増やすことができるので基礎代謝を上げる効果がより高まります。これら基礎代謝を高める努力をするだけで、今までとなんら変わりない食事内容を続けていても、消費カロリーを増やして自然に痩せるということも可能になります。

低カロリーの素材を選んでも、料理に油をやみくもに使っていると摂取カロリーはどんどん増えていきます。「揚げる」「炒める」よりは「ゆでる」「蒸す」「焼く」「煮る」などの調理方法を考えてみましょう。

油を減らす調理法

低カロリーの素材を選んでも、料理に油をやみくもに使っていると摂取カロリーはどんどん増えていきます。「揚げる」「炒める」よりは「ゆでる」「蒸す」「焼く」「煮る」などの調理方法を考えてみましょう。

脂肪を分解してくれるリパーゼはカフェインにも含まれています。コーヒーや緑茶、ココア、チョコレートなどにも脂肪燃焼効果があると言えます。
ただし、砂糖の過剰摂取には要注意。

納豆には脂肪を分解するリパーゼや代謝を促すビタミンB群が多く含まれています。
また、もともと大豆に含まれるサポニンには脂肪の吸収を抑えて、脂肪を分解する働きがあります。

しょうがには体脂肪の燃焼を促すジンゲロンという成分があります。また、しょうがは胃液の分泌を促して、消化吸収を手伝う働きもあります。

カプサイシンは唐辛子の辛味成分なのですが、エネルギー代謝を活性化して体脂肪の燃焼を促進する働きがあることから、肥満予防やダイエットに効果的な成分として注目されています。

出典kawaru.jp

海藻類に含まれるヨウ素は、体内でタンパク質や脂質、糖質の代謝を促す働きがあるのです。ヨウ素を含む昆布やワカメ、ひじき、のり、などの海藻類を食べると蓄積された脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

緑茶に含まれるEGCGという成分が代謝を促進させるとか。
運動の前にEGCGを摂取すると、脂肪の酸化が17%促進したというデータもあるそうです。

カルシウムと繊維質が体重減少につながるそうです。ブロッコリーはこの両方を多く含み、食べると病気に強くなる効果があります。

繊維を多く含み、オーストラリアの研究者が定める“満腹インデックス”が最も高い果物です。グレープフルーツはインシュリンをより効率よく使えるようにし、血糖値を保ちより多くカロリーを燃焼させます。

1,000人以上の成人を対象にした研究では、チョコレートをよく食べて運動すると、食べずに運動した人よりもBMIが下がることが分かっています。
カテキンなどの抗酸化剤によって細胞のエネルギー生成機能が高まります。しかし、お菓子は高カロリーなので、1回にとる量を30グラムほどにしたり、ココアパウダーを使うのがいいでしょう。

硫化アリルとも呼ばれるアリシンが協力な殺菌作用とともに
疲労回復に欠かせないビタミンB1の吸収を助け、
糖質のエネルギー代謝を効率的にします。

甘酒には脂肪分解酵素が含まれているので、ダイエットにおすすめ、と言われているのです。その脂肪分解酵素であるリパーゼは、体内の脂肪を分解してくれて、体脂肪を落とす働きを促してくれるのです。

プーアール茶にはリパーゼのほか重合型カテキンが含まれていると言われています。リパーゼと重合型カテキンで脂肪酸の燃焼を促進したり、食べた脂肪が消化管で吸収されるのを防いで、脂肪をブロックしてくれるのです。

羊肉に含まれる「L-カルニチン」はエネルギー代謝に欠かせない重要な栄養素の一つで、食事から摂取した脂肪分や体内に蓄積されている体脂肪を燃焼させエネルギーに変換する働きをしています。

もとは豆ですので、きな粉には大豆サポニンも多く含まれ、脂肪を分解してくれる働きがあります。また、きな粉には塩分の排出を促すカリウムが含まれているので、足がむくんでいるな、と感じる時に食べると効果的かもしれません。

1