1. まとめトップ
  2. カラダ

食べすぎ注意!取り過ぎると頭痛を招く危険な10個の食べ物

悩まされている人も多い頭痛や偏頭痛。病気ではありますが、そこには意外な食べ物が原因となっている場合も。食べ過ぎると頭痛を招くとされる危険な食べ物をまとめました。

更新日: 2013年10月10日

751 お気に入り 1246439 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

頭痛と食べ物の意外な関係

偏頭痛の直接の原因は血管拡張や血糖値低下と考えられています

血管拡張物質が多い食事を取ると偏頭痛が起こりやすい

意外な食べ物が頭痛の原因となっている場合も

アルコールは血管拡張作用がありますから、人によっては少量でも片頭痛を誘発

頭痛とは関係のなさそうな物が意外と頭痛を引き起こす物であることがある

食べ物に含まれていると頭痛を招くとされる成分

亜硝酸

血管拡張を招き、片頭痛の誘因になるともいわれています

グルタミン酸ナトリウム

脳の血管を広げるので、片頭痛を誘発する可能性

そうした成分を含む取り過ぎると頭痛を招く危険な食べ物

“チラミン”を含むもの

乳製品を食べると、アルコールの吸収スピードを遅らせることができ、酔いを抑えることができると考えられているため、ワインとチーズという組み合わせがよくあります。しかし、チーズにはチラミンが含まれている。酔いづらいけれど、頭痛にはなりやすい。そんな食べ物がチーズ。

ワインにもチラミンが含まれているため、ワインとチーズは頭痛を引き起こす可能性を倍増させてしまう

※アルコール飲料全般も血管拡張作用に加え、そこに含まれるヒスタミンが偏頭痛を引き起こしやすいため、注意する必要

チョコレートにはチラミンが多く含まれているため、血管が一度収縮したあとチラミンが切れた時に血管が拡張し頭痛が発生

レバー。つまり、鳥の肝臓にもチラミンが含まれているのです。焼き鳥屋さんで一杯というのは、じつは頭痛にとってはあまり良くない組み合わせかも

キムチにもチラミンが含まれている。ちょっと箸休めにお漬け物、ということはよくありますが、頭痛を避けるためには我慢した方が良さそう

“亜硝酸”を含むもの

ハムの発色をよくする亜硝酸ナトリウムが血管を広げることがある。

“グルタミン酸ナトリウム”を含むもの

グルタミン酸ナトリウムは、うまみ調味料(化学調味料)の成分。インスタント食品に添加されているので、なるべくなら避けたほうがいい

食べ物と頭痛の関係についての補足
※もちろん、一般的な摂取量であれば問題ありません
※ある特定の食べ物が偏頭痛を招くといわれていますが、これには個人差が
※(血管拡張により)どうして偏頭痛が起こるのかは判っていません
※片頭痛と食べ物の関連いついては、疑問視する研究者も

では頭痛を予防できる食べ物は?

適度なカフェインの摂取は、偏頭痛の予防効果があるとされている。ミルクと砂糖を入れて飲むと、さらに予防効果。
※カフェインには中毒の恐れがあるので適度に

血糖値が下がると偏頭痛が起こりやすいことが判っているため、甘い物などを定期的に補充して、血糖値を保つ

いずれにしろ過剰摂取はよくないようです。頭痛に悩まされている方は食生活を見直すのがいいかもしれません。

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1