1. まとめトップ
  2. 雑学

「あけましておめでとう」っていつまで言っていいの?

毎年疑問に感じるところです。新年になってはじめて会う人にいつまで言ってよいのでしょうか?

更新日: 2017年01月28日

124 お気に入り 385579 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ななつこさん

いつまで言っていいんだろう…

年が明けてしばらくすると、あれ?まだいってもいいかな?でもこの人とは今年初めて会ったしなーなどと迷いながら、「あけましておめでとうございます」って挨拶してませんか?

特に仕事始めが遅い人は悩みますよね…

堂々と使えるのは3日まで。その後は、なんとなく、「もう正月気分も抜けた8日だから、使っちゃおかしいか?」なんて思ってミョーにモゾモゾしてしまったり。悩んだ末に、普段と同じ挨拶をしてしまい、家に帰ってから後悔したり。

あけましておめでとうございますって挨拶はいつまで言っていいんだろう。瀬戸際があいまい

@LASVEGASLAGOON はっぴーにゅいやー♪ なんかこっちはもう通常営業なんでこの言葉をいつまで言っていいかわかりません... あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いしますw

カギは15日にあった!

元日を中心とした「正月(大正月・おおしょうがつ)」に対し、1月15日(厳密には14日の日没から15日の日没まで)を「小正月(こしょうがつ)」と言います。

小正月(1月15日)までがお正月の挨拶、「あけましておめでとう」を使う期間と考えて良いでしょう。

ただし!地域によっては違うところも!

それぞれの地域で「正月」が違いますが、一般的には1月15日の小正月くらいまででしょうか。しかしこれも先に書いたように1月7日のところもあります。

なんだって!?

関西地方では15日までとされる松の内も、関東地方では江戸時代頃から一月七日の大正月までを松の内とするようになったようです。

でも、そんなにこだわらなくてもいいらしい

頑なに守らなくとも、その場の雰囲気で臨機応変に対応したいものです。たとえ、1月下旬に会った人でも「お正月にはきちんとご挨拶ができなかったので、遅れましたがあけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします」と言えればOK。気持ちのよい空間を作り出せること間違いなし!

一言添えるのが大事ってことですね!

迷った時は「今年もよろしくお願いします」が一番無難かもしれない

私の場合、先方に旧年中にどんなご不幸があったかも分からない場合がありますので、「今年もよろしくお願いします」でとどめています。先方が先に「あけまして・・・」って言われたらそれに準じますが。

不幸があったかどうか分からないときもあるかもしれませんね…

「もうあけましてはどうかな…」と思った場合、あと相手が喪中と知っている場合は、私は「今年もよろしくお願いします」だけ言っています。

1