1. まとめトップ

【女性必見】メイク術の基本を見なおそう

メイク術を1から見直して 男性を見返そう

更新日: 2016年05月26日

233 お気に入り 27713 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

メイク術

正しいアイラインの引き方

正しいアイラインの引き方

アイラインは目をハッキリ大きく見せるための必需品です。これを引くことでスッキリした目元を作ることが出来ます。

また、人間の目の大きさや形は左右違うものですが、アイライナーで調整する事も出来ます。
アイライナーの種類

アイライナーには大きく分けるとペンシルとリキッドがあります。他にもジェルライナーやパウダーなどもありますが、お化粧初心者の方はペンシルから使い始めた方が簡単です。

リキッドには落ちにくく、クッキリした線が引けるという利点がありますが、修正しづらいのです。

ロゴナ アイライナーペンシル 01 ブラック 1g

まず鏡を目線よりも下の位置に置きましょう。鏡を上に持って引くとラインはまつ毛よりもはるかに上の位置に入ってしまい、仕上がりが太くなってしまいます。

鏡を下に置いてまつ毛とまつ毛の間を埋める間隔でユックリ少しずつ目頭から目尻に向かって引いていきます。

アイラインの引く時の注意

ラインはなるべくまつ毛の生え際に近い部分に入れるように心がけましょう。あまりにも離れた部分に入れると目を伏せた時に目の際とラインの間に隙間が出来たりラインが太くなったりしてしまいます。

一度に引く事は考えずに、ゆっくり少しずつ埋めていきましょう。また「ラインを粘膜に引くと良い」という記事をよく目にしますが、粘膜にラインを引こうとする必要はありません。

アイシャドーの入れ方

アイシャドーは、目元に陰影を付けて明るく見せたり彫が深く見せたりする役割を果たします。

アイホール全体に明るい色を入れる

まずアイホール(目の際からまぶた全体部分)に淡い色を乗せていきます。チップか指で乗せて、伸ばしてぼかします。
まぶたの上に濃い色を乗せる

まぶたの上に濃い目の色を伸ばしてぼかします。
目の際にアクセントでダークカラーを入れる

目尻の際にダークカラーを入れてぼかします。
眉下にハイライトを入れる

眉下に白やシルバーでハイライトを入れます。アイホールに影を作り目元がクッキリして見えます。

動画でメイク術UP

1